六芒星(ろくぼうせい)

今日の朝6時過ぎ、これから、空の星が正六角形を描く。

六芒星は、特別なカタチ。
ものごとの基本的な構造に影響を与える、ということで、人の心と体にも深いところで作用する、ともいわれてる。


六芒星は、完璧な調和の意味ももつ。バランスのとれた安定した循環が保たれる、という意味で。

愛と調和を導く、幸運の象徴ともされる。


幾何学について、私はまだまだ勉強中(^.^)




正六角形は、正三角形がふたつ組合わさったもの。

いま空には、"水"の正三角形が少し前からできていて、まだ影響はつづく。


占星術で、水は、"感情"を意味するので、思考よりも心が強調されている感じ。

感情に溺れることもあれば、心のこもったやり取りが、胸に染みるときでもある。

この水の正三角形に、今日重なってできるのは、"地"の正三角形。

地は、"形"を意味する。



水を地の器に入れる=心を形にする。

そんなイメージの時。



あと、六角形は瞑想のときに使われる形でもあるし、創造性の高まりをうながす、そう。


ひらめいたアイデアを大切にしたいですね。



星の描く図

20130729_063200.jpg
昨日は、横浜石川町のヒーリングサロン・ハプナさんで、星科プログラム。

基礎編は全部で6回の最後の回。

半年間、最後までみなさんとご一緒できてよかった。
とても楽しく充実した時間をありがとうございます
m(__)m

これからも、ご飯会、ハプナさんのお祭りや、そのほかイロイロ、どうぞよろしくお願いいたします(^-^)


写真は、応用編にずっと参加してくださってる方から出雲&鳥取旅行のおみやげ♪感謝☆

私も水木しげるロードに行って、フラフラと歩いている鬼太郎と写真とりたいわ 笑


星の描く図は、自分の取扱い説明書。
自分を深く知り、持っている可能性の種を育てていく。

そうやって自分のなかから、何かを生み出そうとしていると、イキイキした満ちたりた気持ちを味わえるって思います。
そして、それがまわりの人を喜ばせる。

水木しげるさんの描き出した妖怪たちが、旅人を楽しませているように。



それでは、みなさまよい1日を(^^)/

ピンクのぞうをしらないか



この絵本は、兄と義姉が、私のイメージだといって選んでくれたもの。


どんなお話かをざっというと、ヘンテコにもじったネーミングとか、おかしなキャラクターとか満載で、ハチャメチャ加減がすっごく面白い 笑


*****

ぜんぜん売れないサーカス。団員がどんどんやめていく。

残った団長と、年寄りの道化師、怪力男に猛獣使いは、サーカスの目玉にしようと、ピンクのぞうを探しに、アフリカへ旅にでる。

ふつうのぞうはたくさんいるけれど、ピンクのぞうは見当たらない

そこで4人は、”ガラクタス”島へ向かい、変わった生き物に会うたびに

「ピンクのぞうをしらないか?」、と聞いてまわる。

まあ、この島には珍しい生き物がいっぱい。


ここでピンクのぞうは見つかるのでしょうか。。。はお楽しみ(^^)

ともかく最後のさいごは、「4にんは とっても しあわせでした」

*****



このガラクタス島で4人を出むかえたペンギンが、奇妙な耳をしていて、ヘンテコな会話をする。

私はそれがとても気に入っていたのだけど、いま本が手元になくて、このペンギンがなんて名前だったかを思い出せない、気になるわ!

また読みたくなったな〜。




Sorriso



なんだか夜中にやたらピザが食べたくなって、このまえランチしたソリッソ(食べログ)のマルゲリータの写真をアップ(^.^)

向こうがわにチョロっと写っている、ズワイガニのトマトクリームパスタもお・い・し・か・った♪




dreams

23日の満月あたりから、頭のなかが落ちつかない。

満月のとき、ちょうど獅子座に入っていた太陽は、”生命力の爆発”のイメージをもっているんだよな〜www

これには、”頭に血がのぼる”ってキーワードもあるからホントにぴったり 笑



獅子座のシーズン、自分らしさを、どんどん、のびのび、出していきたいですね♪





*****

☆HP:惑星ノート 『☆わかりやすいタロット講座☆開催します!in 国立』更新しました☆


丸の内朝大学映画コミュニケーション World Premier


夜の日比谷公園。

この中で開催された、映画上映会に行ってきた!

丸の内朝大学の映画コミュニケーション科の卒業制作発表会みたい、な感じ。


シェアメイトが通っていて、話を聞いてたから、興味シンシンで(^.^)


朝大学。
出勤前の1時間、早く起きて通う。

そうまでしてしたいことがあって、会ったばかりの人たちとチームになって、真剣に何かを作る雰囲気、やっぱり素敵だな〜♪


私も映画を作ってみたくなった…w


そういえば、チアリーディングクラスの発表もあったのだけど、あのテンションで朝から踊っていると思うと、それもスゴい。

私ももっとハツラツと朝をすごせるはずっ、、、ですとも (^_^;)


いろんな意味で刺激をもらえたな〜。

世の中の闇とどう関わるか

 

暗いニュースをみたときに思いだす話がある。

数霊の先生の言葉。

数霊とは、言霊:言葉に魂があるように、数にも魂がある、という学問。


その数霊の講演会のとき、世の中の暗い面を感じたときにどうしたらいいか、という話もでた。

「深刻な考えにとらわれずに、思いっきり今を楽しむことだよ。キラキラとした明るい”気”をどんどん空気のなかに送りこむことだよ。」

「深刻な考えにとらわれて重い”気”をふやすと、その闇を増長させることになる。それよりもこうなったらイイナ♪という夢を描いて、そこに楽しみながら向かう方がいい。」

というような話だった。


個人の力で今すぐにはどうしようもないことに関しては、ただ無力感にとらわれて暗い気持ちになるよりは、明るい気持ちで、今、自分のできることを楽しみながら一生懸命した方がいいんだよ、という意味合いだったと思う。


私は、人が抱く意識の影響力について、その当時よりも分かってきたから、あらためて「なるほどな〜」って感じる。


Institut français

前から気になっていた、アンスティチュ・フランセ東京(旧日仏学院)へ行ってきた♪

フランス語を習ったり、フランス文化に触れたりできるところ。



庭。松が生えてる。


入り口


廊下


こんな教室もあった


ラブラスリー(院内のカフェ)、美味しそうでリーズナブルだった。オシャレだし!
今度は利用したいな。

フランス気分を味わえる。プチトリップしたみたい。


神楽坂さんぽ


『まかないこすめ』の店先が涼しげ。

今日は友だちが前に住んでいた、神楽坂へ。

10年、東京で働いていた彼女は、来年には宮崎に帰るかもしれない。

その前に、こちらで行きたいところに行っておきたいね、と。


私にとってもここは思い出ぶかい場所。

九州から出てきて、初めて友だちの家を訪ねたとき、懐かしい日本風情と、フレンチテイストが混ざりあった神楽坂の雰囲気に感動したもんだしw。


震災のすぐあと、九州に帰った方がいいのか悩んでいたときも、この町を歩きながら色々話したっけね。


路地に入ると、石畳の道が


来たときには必ずお参りする、赤城神社

20130721_234502.jpg
日仏学院の本屋さんの前で。フランス気分♪

パスタ・マラソン!?

今日は、シェアハウスと同じ敷地内にある方のお宅でパスタパーティーのような集いが。

10種類くらいのメニューのなかから好きなものを注文すると作ってくださる、という夢のようなシステム!

7,8人で分けるから、たくさんの種類が食べられる♪

これ全部(゜o゜) ↓


夏の冷製パスタ


カルボナーラ


ボンゴレ・ビアンコ


ブッタネスカ


納豆パスタ


チョチャーラ


この他に生ハムサラダも。

すごい…。

シェフたちは、ほぼ3時間立ちっぱなしでお料理してくださったのでした〜(+_+)マラソンのよう。。。

どれもこれもすっごく美味しかった♪ ありがとうございますっ
<(_ _)>