ヒューマン・コメディ



ふと思い出して、ウィリアム・サロイヤンの『ヒューマンコメディ』(『人間喜劇』と訳されているのもある)が読みたくなった。 

ウィリアム・サロイヤンは、アルメニアからアメリカへ移住した親のもとに生まれた。

この本は、少年期の記憶にもとづいているみたい。


*****

14歳の少年ホーマーは学校に通いながら、電報配達人のアルバイトをはじめた。

父は亡くなり、兄は徴兵されて戦争へ行っている。

家族や町の人たち、クラスメイトとの関わりのなかで成長していく姿が描かれてる。

*****


それぞれの登場人物が、ユニークで、素朴で、人情味にあふれていて、さまざまな体験を経て生まれただろう言葉がいい。

息子が戦死した電報を未亡人に届けるなど、ホーマーの日常にも戦争や死の雰囲気、悲しみはただよっている。

それでも読んだあと温かく、生きているって素晴らしい、という気持ちになる。


表現が実際的で分かりやすく感じる。ホーマーに諭す大人たちの言葉、けっこう長いんだけど説教くさくは感じなくて胸に響く。


そのなかのひとつ。古代史のヒックス先生の言葉。

彼女は、ホーマーの兄も、その学校の他の若い教師も教えてきたベテランの先生。


「…生徒が人間らしくあるかぎり、態度までみんな同じであってほしいとは、私は思いません。

堕落していないかぎり、一人一人がどれほど違っててもいい。

私は生徒一人一人に自分らしくあってほしいの。私を喜ばすためや、私に迷惑をかけないために、ほかの誰かを真似してほしくありません。

クラス全員が申し分のない小さな紳士、淑女になってしまったら、私はきっと、すぐに飽き飽きしてしまうと思うわ。

私はね、生徒たちに一人一人が独立した、一人一人が独特の〜一人一人がそれぞれ違った魅力を持った〜そういう人になってほしいの。…」




水やり

 

今朝は、シェアハウスの菜園で作業。

キュウリの茎を支柱に結びつけたり、

たくさん生えすぎたルッコラ、ズッキーニ、トマトを間引いたり。


水やりは、いつも湿っている状態よりも、一回水をたっぷりやったら、表面がカラカラに乾くまでは待ったほうがいいらしい。

カラカラになると植物が生きよう!という気分になって、がんばって花を咲かせるそう。

花を買う



昨日、帰宅途中、乗りかえの駅で、友人とバッタリ会った。

花屋さんでお花を選んでいた。

小さな青いアジサイとなにを組み合わせてたっけ。。。

いつも元気な笑顔が素敵な人だけど、このときはやわらかい女性らしい雰囲気で、また違う一面を見た感じ。

(「あら〜、はからずも女子力の高さを露呈してしまったわ〜(^.^)v」という発言はあい変わらずで笑えるんだけど・・w)


キレイなものを見るときって、表情もいい感じになるんだな〜。

表情がよいと、心も体もきっといい感じになる。

ときには私も部屋に花を飾ろ。








考えるヒト



今朝は出勤の電車のなかで、ぼんやりと考えごとをしてて2駅乗り過ごした www

あわてて乗りかえて走っていくから心臓にわるい〜。



わたしは考え過ぎるほうといわれることもあるけど、”過ぎて”いるのかは、ほかの人はどうか分からないからどうかな、でもほとんどいつも何か考えてはいる。

だいたい何考えてるだろ・・・

まわりに人がいるときには、知らない人だとしても、表情とか行動とか見て、どういう人か想像したり、どんな気持ちなのか考えること多いかも。

(電車のなかで、自分でも気づかないうちに人をジロジロ見てたりしたらいやだな 笑 気をつけてはいるけど。)


ほかには、ふっと思い出した事がらについてあれこれ思いを巡らせてるかなぁ。。。


なぜか今日思い出したのは、住んでる場所の近くの、黒川清流公園の猫たちの冬の過ごし方について。

冬の寒〜い霧雨のふる日に通ったら、小川の橋の下で雨やどり!?している猫がいた。小川の真ん中のちょっと土が盛り上がったところ。足が濡れそう・・・

こちらの猫ちゃんはこの場所に。




*****

☆HP:惑星ノート『私の庭は、きっとあなたを悦ばせる〜牡牛座会〜 その2』更新しました☆

メグちゃん家で夕ご飯



昨夜は、メグロビのメグちゃん(ブログ)の家で夕ご飯。

ヒーリングフードオラクルカードを出版したばかりのメグちゃん。

生活も充実しているようすで、ますます生き生きと輝いていた。

大切な友人が幸せそうな姿をみるのはうれしい♪


食べ物や農業のこと、いろいろと教えてもらった。

わたしにとっては驚くようなことも。

土にたくさんの農薬を入れて育てた野菜でも、農薬を上からまいていないければ、無農薬栽培という表示になるんだとか。

わたしはアトピー体質なので、食べ物にはあるていど気を遣っているつもりなのだけど・・・

まだ知らないことがたくさんあるんだな〜と、ちょっとため息がでそうになった。


そうそう、メグちゃんは少し前に引っ越してて、今の住まいはわたしの憧れの(笑)阿佐ヶ谷なんですよ〜。

お暇だったら南阿佐谷のイベント来てね、といいましたモチロン(^_-)♪。



いつかいた場所



おととい、なつかしいメールで友だちの近況を知り、

時の流れについて考えた。

中学校から高校3年間、一緒に過ごした友。

高校生の頃は、よく一緒に下校し、公園で暗くなるまでおしゃべりをしていた気がするw。

よくそんなに話すことがあったな、と今思うけど 笑

思春期の女の子どうしってそんなものかな。。。

卒業して離れてからも、会うたびに安心してなんでも話せる相手。


メールでは、家族にも大きな変化があり、生きるってことを考える、と。

そうだね〜。わたしも考える。

今ここにいること、これからどこへ行くのか、人との出会い、の不思議。

この世を去るときには、「あ〜、なんて素敵な人生だったんだろう」と満足して逝きたい。

それにはやっぱり、今ここにいる自分を、しっかりと感じて生きることかもね。

その前の日のやぎ座会でも、そんな話題がでていた(やぎ座は時間と深く関わる)。

同じ日のヒプノセラピーでも、過去と今とこれから、を感じた。

重なるテーマ。おもしろいね。

Bluff Bakery


ブラフベーカリー(HP)、元町のパン屋さん。
食にこだわる従兄弟が教えてくれた。



スタイリッシュな店内。パンもオシャレ


夕方だったからすこし少なくなってるかな・・・


クリームチーズをアイシングしたシナモンロール、バナナブレッド、麦芽やナッツ入りのスコーン


見た目はインパクトあるんだけど、甘い物も甘すぎず、素材を生かした感じで美味しい!

わたしは食いしん坊だけど、ひとつだけでも満足感があっておなかが落ち着く。

朝10時からのホットドッグ、カウンターで注文して買うのも楽しいし良いんだよな、オススメ。



*****

☆HP:惑星ノート『私の庭は、きっとあなたを悦ばせる〜牡牛座会〜 その1』更新しました☆

こころの旅

 

「自分を信じて行きなさい」、とその人は言った。

その人とは、わたしのハイヤーセルフ。

ハイヤーセルフというのは字のとおり、わたしの高次元の意識のこと。

広い視野と聡明さをもち、わたしを愛し幸せを願っている存在。

どの人にもついている。


26日はヒーリングハウスハプナさんで占星術の講座。

そのあと、マリエさんのヒプノセラピーの講習のモデルをふたたびさせてもらった。

いちど目はちょうど1ヶ月前くらい。

偶然だけど、星読みでのちょうど節目となる1ヶ月と重なってるタイミング(ねむり)。


いちど目は、幼児期の意識に触れた。そこへは、イメージの階段を下へ降りていく。

ここでは痛いところを掘りおこされた感じ。その感覚はひそかにずっと続き、変化していた。


今日は、イメージの階段を駆けのぼって、ハイヤーセルフに会いにいった。

その人は、ロードオブザリングのガンダルフみたい。

なんでも知っていて、とても茶目っけがある賢者。

穏やかな笑っているようなまなざしでわたしを見て、そのままでだいじょうぶだよ、と微笑み頭をなでた。


月は満ちた。なにかがまたここでひと区切り。



マリエちゃん、ヒプノセラピーほんとに深くておもしろいね、
ありがとう。



国立さんぽ

 


今日は国立で”山羊座会”。

おなじ星座の人たちで集まって、自分たちの星座について熱く語る会!

こちらもたいへん興味深かったです。

山羊座のかたの体からにじみでるスピリット、またくわしくブログで書きますね(^.^)


主催のマリンカさん、参加してくださったみなさま、
とおくから来てくれた方々、ほんとうにありがとうございます、楽しかった♪

会場は、ダイニングバーDAMADAMAさん。

個性的で居心地のいい空間で、のびのびとお話できました。

ランチも美味しかった!夜メニューの食事にまた行きたいな。





会のあとは、駅まで向かいながらお店めぐり。

陶器屋さん、ライオンポタリー
沖縄の窯元の食器が欲しかったな〜!

紅茶舗、葉々屋、ソーイングと紅茶のお店。寄らないつもりでも、お店の前の布製品をみてつい入ってしまう。。。
北欧のポットなんかも素敵☆




好きな色の皮でオーダーできるバック屋さん。
しばらくここのギャラリーで展示会をしてるそう。

アトリエショップは、用賀にあるKABAN ATELIER A・VOU(あ房)

デザイナー兼職人さんが説明してくださいました。

クロワッサンみたいな形のルナシリーズが欲しい。。。


国立って、作家さんの作品など、オリジナリティのある品ぞろえのお店がけっこうあって面白いところ。


ランチバック



今朝、電車に乗って、ちょっと自分であきれたのは、ランチバックの詰め込みよう。

わりと大きめサイズなのに、パンパンで。。。


お昼のお弁当はいいとして、朝、食べようと思って焼いたけど時間がなくて食べられなかったトーストとか、

なぜか2つゆでてしまった卵とか、なんとなく慌ただしく入れてきた。

お腹が空いたら、いつでもランチバックから食べものを取り出せる、っていうのもま〜いいけどw。


*****

☆HP:惑星ノート『人と太陽』更新しました☆