ターン・オーバー

 

ターン・オーバーって新陳代謝。(横文字だとひびきがいい気がしてついw)

私は、以前、アトピー対策でステロイド剤をつかっていた時期があり、その後肌の状態がとても悪くなったため、ステロイド剤をやめた。

ステロイド剤をやめたあとは、機能が低下した肌の力を元どおりにするため、民間療法をした。

この時期はたいへんだったし、時間もかかったから、思い入れも深く、書くと長くなるんだけど、それは今はやめておこう。


今、あらためて感じているのは、やっと、ほぼ回復した肌の自己治癒力のたのもしさ。

脱ステロイドをしてから8年間くらい、状態が落ち着かず、はじめは強烈に、少しずつましに、荒れた肌が治っていく課程がくり返されてきた。

今でも、毎年2月くらいは、季節の変わり目のデトックスのタイミングということもあって、”発作”みたいなのが起こりやすい。バンっと赤く腫れる。かゆいし痛い。

そしておよそ4ヶ月くらいかかって、ふつうの状態へ戻っていく。

そのあいだは、新陳代謝・肌の変化がよく感じとれる。良くなっていく課程はいつも同じ。症状は年々軽くなっている。


低下した肌の力を回復させるために必要なのは、

肌を作る良質の材料(食べ物)と睡眠。
新陳代謝を促すための冷えない体づくり。
そして、肌が自然に自己治癒力を発揮していくために充分な時間。


肌だけでなく、損傷したものを治していくには、同じような要素が必要なケースがあると思う。

たとえば、農薬を投入し続け、本来の力をなくし荒れた大地。

怖れや痛みを強く何度も感じたために、自分を守る姿勢が頑なになり、伸びやかに発揮できなくなった感情、なども。


良質の材料と改善させるための環境を整え、新陳代謝しながら、自分の力でだんだん回復していくのを見守る時間を持つこと。


さいきんは電車のなかで、映画『奇跡のりんご』の広告をみると、こんなことを考える。










遠い声 遠い部屋



『遠い声 遠い部屋』 Other Voices, Other Rooms

これは、「ティファニーで朝食を」で有名な作家、トルーマン・カポーティの小説の題名。

10代の頃に読んで、その繊細な文章に魅力を感じた。

もう今は内容をくわしく思い出せない。


でも、この題名は読んだときからずっと好きで、よく頭に浮かんでいた。

誰でも胸の奧からひびく「遠い声」をもっているんじゃないかな、と感じるとき。


占星術と出会って、その謎がだいぶ解けたと思う。

占星術では、生まれたときの空の星の配置から、人がそれぞれに持っている「こう生きたい!」という衝動を読みとる。

”運命は決められている”ってことじゃなくて、ありのままの願いに素直に向き合えば、どうしても向かいたくなる方向がある、ってこと。


そして2011年間から2016年まで、その遠い声が強くひびく時期かもしれない。
”自分らしさに目覚めなさい”、と読み解ける、星の配置がつづいている。



※本の内容について興味があったら、この書評がおもしろい気がした→松岡正剛の千夜千冊



*****

☆HP:惑星ノート『夏が来るまえにデトックス☆イベントを終えて』更新しました☆






バナナ食堂の夜


トムヤンクンラーメン


春雨サラダ、ヤムウンセン


パッタイ この味だいすき


ビーフン


土曜日の夜は、立川のバナナ食堂(HP)で”美味しいものを食べようの会”。

バナナ食堂は、わたしのまわりで人気の店。

その話を前にしていた神奈川在住のお友だちと、「食べたいね〜!」と行くことに。

はじめは知り合い2、3人かな〜というノリでいたけれど、お友だちがフェイスブックでイベントにしてくれて、気がついたら8人!

しかも、はじめましての方が多い、という愉快なことになっていた。


はじめのコンセプト通り、ほんとに「美味しいものを食べよう!」に徹した会で、いちおう自己紹介を〜とはじめるのだけど、
お料理がきたり、話がそれて盛り上がったりしてグダグダに。。。

それがまた笑えたな〜。

また、美味しいものを食べるためだけに、ゆる〜く集まりましょう♪


キラキラと

 

今日は南阿佐ヶ谷でイベントに参加。

ゆったりと充実した時間だった。

誘ったお友だちが来てくれてうれしかった、ありがとう(^.^)


終わってみて、昨日引いたカード 『THE STAR』 のようなキラキラした気持ちを、やっぱり感じている。


はじめて集うメンバーの息が合っていて、気持ちよかったこと。

ちがうところのお仕事で関わっている方どうしをご紹介でき、新しい展開の予感がすること。

かつてのシェアメイトと現シェアメイトとがきてくれて、みんなでアロマスプレーを作ったこと。
みんなで一緒にワイワイしながら作業するのやっぱり楽しいね。

それに、作り方を教えてくれたKちゃんも、「若々しい方が一緒に楽しそうに体験してくれて、なんだか新鮮だった〜♪ 」と感激してくれた。

もう自分では慣れっこになっているアロマの香りや効能も、いちいち、「いい匂い〜♪」「気分がスッキリした〜!」という反応をしてくれると張り合いがあるみたい。
そういって喜んでくれることもうれしい。


タロットのセッション、「衝撃的でした!背中を押された感じです。前に進めそう。」と感想をいただき、これもすっごく励みになるな〜。

私も背中を押された感じ。



来てくれたみなさん、タロット・リーディングを受けてくれた方々、ありがとうございました☆

タロットのクロス

 

明日(もう、今日かな…)のイベントでタロットをするときにつかうクロスを作った。

布のまわりにポンポンを縫いつけた。


バイオレットとグリーンの組み合わせは、最近けっこうお気に入り。

バイオレットは、神秘性や直感。

グリーンは、調和・バランスのとれた状態。

そうありたいから、色の意味が気持ちにぴったりとくる。


イベントでの私をイメージしてひいたカードは、

『THE STAR』

きらめく星と、なにも身につけていない裸体が気持ちよく見える。

泉に流れ込む水は尽きることなく豊かに流れつづけてる。

「自分らしいやり方で、直感とイマジネーションを豊かに表現できそう」、かな。


お時間あったらイベント遊びにきてくださいね(^_-)




*****イベントのご案内*****


☆夏の前にデトックス〜!イベント☆

日時: 6月9日(日)  13:30〜17:30

場所: 『サロン・ド・イリゼ 』 杉並区成田東5−39−12 グローリーハイツ南阿佐ヶ谷1階(グーグルマップ
 
※丸の内線南阿佐ヶ谷駅から徒歩2分、階段上がり杉並税務署方面へ直進、左手のマンション)
入場料無料、出入り自由


◎出展内容:

★ あなたの心を読み解くタロットリーディング(1000円/15分〜)

★ 日本アロマ環境協会認定アロマセラピストによるハンドトリートメント(1000円/15分、1500円/20分)

★日本メディカルハーブ協会認定ハーバルプラクティショナーによる、スプレー作りレッスン&グッズ販売
グッズ:バスソルト(100円)、ブレンドハーブ(300円)
スプレー作りレッスン(300円)

★浮腫スッキリ!足圧療法 (2000円/30分〜)

※上記内容は各出展者の都合などにより、一部変更になる場合があります。



Kaoris


**焦がしバターのマドレーヌのデザート**


横浜の元町で、先週の土曜日、すこし空いた時間にぶらぶらしていて見つけたカフェに入ってみた。

カオリズ

元町のメインストリートからすこし入った通りにある。

オシャレで、買い物ついでに立ち寄っておしゃべりをするのにピッタリな感じ。

この日も、けっこう混んでいたけれど、スタッフの方の感じもよく、気持ちよくゆっくり過ごせた。



紅茶が40種類以上あるそう!鉄瓶に入っていつまでも温かく、たっぷりで美味しかった♪

今度は、ここでしか食べられないフレンチトースト、というのを食べてみたいな。



**やさしい味のカレー**



*****

☆HP:惑星ノート『あなたには失敗する権利がある』更新しました☆

ある小さなスズメの記録



スズメは昔からすき。

クレア・キップスの『ある小さなスズメの記録』を読んでから、ますます親しみを感じるようになった。

*****

クレア・キップスは、ある日、生まれて間もない足と翼に障害のあるスズメのヒナを拾う。

それから12年間、一緒に暮らした記録。

ただ、たんたんと事実を記しているのだけど、スズメのクラレンスとクレアの交流の細やかさ、温かさに、とても惹きつけられる。

ピアニストであるクレアが弾くピアノに合わせてクラレンスがうたう歌。聴いてみたい。

*****



ひところあんまりスズメを見かけない気がしてたけど、最近はよく目に入る。

今朝は近所に住む友人とひさしぶりに会おうってことで、出勤まえに、近くのパン屋さんで朝食。

外にあるカフェコーナーでパンをかじってたら、慣れたふうのスズメがやってきた。

ちぎってあげたパンくずをくわえてピョンピョンはこんだり、大きな固まりをついばむ姿になごむ。

名刺



やっと、名刺をつくった。お気に入り♪

昨年からぼんやりとイメージはあって、シェアメイトに似顔絵を描いてもらってた。

けれど、私の中でまとまりがつかないでいて、なんとなく腰が重かった。


これまで、占星術やタロットの仕事、ご縁があり機会をいただき、経験を重ねて、頭でイメージしていたものが、今、やっと身についてきたのかなぁ〜、と思う。

名刺つくろう!と思ってから、するする〜っと動けた。



ひとつ何かまとまって、ふり返ってみて、いつも改めて思うのは、進んでいないように感じていた時期も、迷いも不安も、ぜんぶあっていいんだな〜っと。

そのおかげで深まり、どっしりと育ってきた何らかの手ごたえが、確かにあるから。


そのときそのときの感情や状況に素直に向き合い、自分が出来ることを真摯にして、やってくる流れにのっていく。

それがいいのかな〜っと思う。

浴衣

 

先週の週末に、着付けクラブ。

住んでいるシェアハウスとおなじ敷地内にある集合住宅の先輩がたに教えてもらう。

昨年はまったくはじめてのところから浴衣の着付けを習った。

冬のあいだに着物を練習して、また浴衣に戻ったら、ちょっとだけ簡単に感じた。

すこ〜しは身についたかなぁ。。。

虹の戦士



すこし前に、「虹の戦士」という言葉を思い出した。

アメリカのネイティブピープルの言い伝えにあるという言葉。

ものすごく大まかにいうと、

『人類の生存が危うくなったとき、古来から伝わる知恵にもとづき、環境や健康を回復させ、自然との調和や人々の和の大切さを伝える者たちがあらわれる。その者たちはやがて「虹の戦士たち」として知られるようになる』

詳しくはこちらがいいかも→翻訳家・北山耕平さんのブログ



先日、友人の婚約者を紹介された。

その方のお仕事が興味深い。

その会社は、(株)ハサル(HP) という。

放射能汚染除去やがん治療など、環境・農業・健康に関わる分野で技術開発をしているそう。

友人は食を通じて心と体を整え、自分らしく生きるサポートをする仕事をしている。


一緒にお話しをしていて、その二人の出会いの不思議さ、

そして、これから二人が共にしていくだろう仕事の可能性を思うと、なんとなく胸が高鳴ってくるのを感じた。

そして私はここでふっと、先ほどの”虹の戦士”、を思い出したのだった。

虹には”希望”という意味があるしね。



*****

☆HP:惑星ノート『ふたご座会・みずがめ座会、開催します!』更新しました☆