わかりやすいタロット講座



今日は、国立でタロット講座♪

大アルカナの意味を学びながら、そこから感じる個人的なイメージをそれぞれの方が話してくださいます。

なんど目でも、これは本当に興味深い。

お話をしながら、ご自身がどんどん自分の気持ちに気づいていく過程に、いつも私は惹きつけられる。

心の力は強烈なのに、本心は分かりにくいところに隠されていることも多い。





(おかおちゃん)

はじめに、心と頭をつなぐ↑こんなワーク!ウォーミングアップもかねて。

足から頭の上まで、体の感覚をていねいに探り、何か感覚があったら絵にかきます。




みなさま、オープンなシェアをたくさんありがとうございました。

また来月お会いできるのを楽しみにしていますね(^_-)


主催してくださったマリンカさん、企画・運営ありがとうございました。

そして小籠包、やっぱりスッゴクお・い・し・か・ったです♡

パステルアート&タロットリーディング


今日、私が描いたパステル画



パステルアートとタロットリーディングを組みあわせた体験ワークをしたいな、と思っていて、今日、試しでシェアメイトにモニターをしてもらった。


気になっていること、悩み、希望、についてまずタロットでリーディングをして、感じている気持ちをパステルアートで描いてもらう。


私も描いてみた。
指でかくからか、自由にできて、子供のような気分で楽し〜い♪


作業は易しいのに、素敵な作品ができた!(っと思う我ながらw)。


色がきれい。なによりも自分で選んだ好きな色だし、癒されるな〜〜〜



教えてくださるのは、アリエッタパステルアート教室のマリンカさん。





深呼吸



宮崎に帰省していた友だちが送ってくれた。

写真をみてたら、自然に深呼吸をしていた。




向こう側の空気が感じられそう。

好奇心

20130802_221751.jpg
今日は久しぶりに叔母の家に遊びにいった。


叔母はベルギーとオランダ旅行から帰ったばかり。

ずっと勉強しているフランス語がけっこう使えたみたい。


いつも何かしら面白いことをしていて、会うたびに刺激がもらえる。

いつまでも好奇心や遊び心を忘れないっていいな。

黄金色



ここしばらく、六芒星、調和、循環、といったことを考えていた。

今の私の体感でいうと、ひとまずココまで辿ってきたなかで分かってきた、たくさんの点が、ひとつの線につながっていく、みたい。

正六角形をグルグルとエネルギーが循環すると、中心に何かを生みだす、感じもあるのかな。。。

中心、というと、太陽がイメージされる。
太陽=ゴールド。



そういえば、今の気持ちには、この写真の色合いがピッタリくる。

秋の写真だけど(^^)


イチョウの葉の黄金色は、知性、自分らしさ、陽気さ。

空のペールブルーは、包容力、平和なコミュニケーション、自分自身の探求。

そんな感じ。



CAFE AALIYA



カフェ アリア(食べログ) のフレンチトーストランチ♪

ふわふわで、食べごたえあって満足(^_^)


シナモンシュガーと塩が添えてあった。

塩をかけるのははじめて! 味がハッキリして美味しかった☆

家でも試してみよっと。


六芒星(ろくぼうせい)

今日の朝6時過ぎ、これから、空の星が正六角形を描く。

六芒星は、特別なカタチ。
ものごとの基本的な構造に影響を与える、ということで、人の心と体にも深いところで作用する、ともいわれてる。


六芒星は、完璧な調和の意味ももつ。バランスのとれた安定した循環が保たれる、という意味で。

愛と調和を導く、幸運の象徴ともされる。


幾何学について、私はまだまだ勉強中(^.^)




正六角形は、正三角形がふたつ組合わさったもの。

いま空には、"水"の正三角形が少し前からできていて、まだ影響はつづく。


占星術で、水は、"感情"を意味するので、思考よりも心が強調されている感じ。

感情に溺れることもあれば、心のこもったやり取りが、胸に染みるときでもある。

この水の正三角形に、今日重なってできるのは、"地"の正三角形。

地は、"形"を意味する。



水を地の器に入れる=心を形にする。

そんなイメージの時。



あと、六角形は瞑想のときに使われる形でもあるし、創造性の高まりをうながす、そう。


ひらめいたアイデアを大切にしたいですね。



星の描く図

20130729_063200.jpg
昨日は、横浜石川町のヒーリングサロン・ハプナさんで、星科プログラム。

基礎編は全部で6回の最後の回。

半年間、最後までみなさんとご一緒できてよかった。
とても楽しく充実した時間をありがとうございます
m(__)m

これからも、ご飯会、ハプナさんのお祭りや、そのほかイロイロ、どうぞよろしくお願いいたします(^-^)


写真は、応用編にずっと参加してくださってる方から出雲&鳥取旅行のおみやげ♪感謝☆

私も水木しげるロードに行って、フラフラと歩いている鬼太郎と写真とりたいわ 笑


星の描く図は、自分の取扱い説明書。
自分を深く知り、持っている可能性の種を育てていく。

そうやって自分のなかから、何かを生み出そうとしていると、イキイキした満ちたりた気持ちを味わえるって思います。
そして、それがまわりの人を喜ばせる。

水木しげるさんの描き出した妖怪たちが、旅人を楽しませているように。



それでは、みなさまよい1日を(^^)/

ピンクのぞうをしらないか



この絵本は、兄と義姉が、私のイメージだといって選んでくれたもの。


どんなお話かをざっというと、ヘンテコにもじったネーミングとか、おかしなキャラクターとか満載で、ハチャメチャ加減がすっごく面白い 笑


*****

ぜんぜん売れないサーカス。団員がどんどんやめていく。

残った団長と、年寄りの道化師、怪力男に猛獣使いは、サーカスの目玉にしようと、ピンクのぞうを探しに、アフリカへ旅にでる。

ふつうのぞうはたくさんいるけれど、ピンクのぞうは見当たらない

そこで4人は、”ガラクタス”島へ向かい、変わった生き物に会うたびに

「ピンクのぞうをしらないか?」、と聞いてまわる。

まあ、この島には珍しい生き物がいっぱい。


ここでピンクのぞうは見つかるのでしょうか。。。はお楽しみ(^^)

ともかく最後のさいごは、「4にんは とっても しあわせでした」

*****



このガラクタス島で4人を出むかえたペンギンが、奇妙な耳をしていて、ヘンテコな会話をする。

私はそれがとても気に入っていたのだけど、いま本が手元になくて、このペンギンがなんて名前だったかを思い出せない、気になるわ!

また読みたくなったな〜。




Sorriso



なんだか夜中にやたらピザが食べたくなって、このまえランチしたソリッソ(食べログ)のマルゲリータの写真をアップ(^.^)

向こうがわにチョロっと写っている、ズワイガニのトマトクリームパスタもお・い・し・か・った♪