夏と秋の味



日向夏(ひゅうがなつ)と日向夏ゼリーと、比沙屋の京焼き栗(HP)。

日向夏は宮崎の夏の風味。酸っぱくて爽やか☆

焼き栗は、乗りかえのとき駅の構内で買ったもの。

ほくほくでかなり美味しかった〜♪♪


食べながら、鶴瓶さんの「家族に乾杯」バンクーバー編を見ていたんだけど、カナダに住んでみたくなった。

移住している人たちもたくさんいて、さまざまな国の人たちが住んでいる。

会うひと会うひとが温かくておおらか。

のびのびと日常を楽しんで暮らしているように感じる。

そして、家族について、生き方について、の考え方がとっても素敵なのだった。



新しい土地にすぐなじむには



旅行や引っ越しであたらしい土地に行ったとき、はやくなじむ方法は、その土地の水を飲むこと、だそう。

そうするとその土地の”気”となじむから。

以前、メグロビオティックのめぐちゃん(HP)が教えてくれた。


昨日は、友だちの家で、お里の宮崎から送られてきた野菜と調味料でつくった料理をごちそうになった。

育った土地の食べ物は、いっそう元気をくれる感じがする。



電車

 

今朝、通勤電車のなかで、座っている私の目の前に立っていたキレイなお姉さんが、ドサッと倒れ込んできた。

そのとき、私は目をつぶっていたから不意打ちで、すごく驚いた 笑

電車が大きく揺れてバランスを崩したみたい。


写真は地下鉄の中吊り広告。可愛いのでおもわずパチリ。




理解すること

20130812_231655.jpg

今日は心理学的なアプローチで星を読む研究会。


子どもの頃に厳しい環境で育つと、そこで生き抜くためにさまざまな防衛手段を身につける。

その防衛手段は、くせになっている。

だから、大人になって、もう必要がなくなったとしても、無意識に使ってしまう。

そのクセが、ものごとを複雑にしてしまう場合は、変えていくほうがいい。

そのためには、まず、クセができていった背景を理解すること。

理解するのは、許さなければならない、ということではなくて、ただ知る、こと。


子どもの頃の環境でできたパターンが、今も影響してるっていうのは、人の心や行動を考えるとき、根っこにあるテーマだな。。。

バナナブレッド



今日は、午前中に編み物クラブにいき、

午後は家でバナナブレッドとかぼちゃブレッドを焼いた。

かぼちゃブレッドは、バナナブレッドの応用。

写真がうまく撮れなかったけど、すっごく美味しかった♪

このレシピ→クックパッド


こうやって手仕事をして過ごすのは、なんだか気持ちが落ちつくみたい。



こんなに暑い日には

今日は、元シェアメイトたちが遊びに来てくれるということで、

冷や汁をつくった。これは私の故郷の料理。


こんなに暑い日にはとても食べたくなってしまう。。。

ただ、味噌をすり鉢ですって火であぶる、のが必須だと思っていたので、IHコンロではできないな〜とあきらめていた。

けれど、この前レシピを探してみたら、トースターで味噌を焼けばいいのだった、なるほど!!

このレシピ→クックパッド、美味しかった。よかったらお試しを〜(^^)

冷や汁には、大葉やミョウガもたっぷり入ってて、冷たくて、夏バテ気味のときにピッタリ♪


そのあと、かき氷を食べた。

かき氷はやっぱりこんなにあっつい時に食べるといいね、食べる前より涼しく感じる。





ジャンヌ・モロー

images-5.jpeg

フランス映画『クロワッサンで朝食を』(HP)を観てきた。

(写真はこの映画のではなくて、若いころのもの。かっこいい♪)


お話は、シンプルでとくにグッときたわけではないのだけど、もうすでに80才を越えているだろう、ジャンヌ・モローの強烈な魅力と存在感がステキだった。

シャネルを着こなして、とてもおしゃれで。

それで帰り道、フランス女性の魅力について、何となく考えていた。

すると、ちょうどフランスから帰国中の方から、占星術のホロスコープ・リーディングのお問い合わせがあった、というのも面白いめぐりあわせだな。。。



7日しし座新月、のちょっとした考察みたいなもの

新月や満月は、そのときの空の上の天体の配置がライトアップされるような感じ。

占星術では、空の上の天体の配置は、人の心や体とつながっているとされているから、今の自分の状態が強調される感じ、といえる。


新月は、願い事をするのにいい。

気持ちが自分の内側に向かうから、何を望んでいるかに気がつきやすい時だから。


新月のとき、私は、願い事を考える、というより、

今、自分の心や体に何があるのかを感じとろうとする。



今回のしし座新月は、私の心と体に影響しやすい配置だった。


しし座の特徴は、”自分らしさを素直に表現する”こと、”自分に自信や誇りを持つ”こと、”楽しむ”こと。


それに合わせて、今の星まわりには、”社会的に認められる”や”みんなが共感する”ことを強く意識しながらも、それを自分のやりたい形で表現する、というような衝動が読みとれる。

ここにはチャレンジの要素があるし、さまざまな工夫をしていくことにもなるだろうな。



星がしめすこの感覚は、実際にきのう今日と、私の胸のなかにモワンとふくらんでいた。

「こうしたい!」と望んで進めてきて、それでも胸のどこかに「私のやり方でいいのかな」と、どうしても不安になる一部分もあったこと。

それを、「やっぱりこれでいい、これでやっていくんだ」、とあらためて思えた感覚。

不安よりも、「こういう風にやってみたい!をうまく形にできたら、どんなものになるだろう」ってワクワクの方が大きくなった気がする。


あと、英語を話せるように勉強する!ってずっと前から言ってるけどなかなか中途半端だった。

それが、「あ〜、英語を話せたらなんて楽しいだろう♪」という気持ちがふくらんでいる。

よく考えると、これまでは「勉強しなきゃ」っていう義務感になっていたのかもしれない。

そんな構えた重たい殻がとれてきて、素直に、「たくさんの人と話すチャンスが広がる!楽しい♪」って感じてきてる。



以上が主なところ。。。そんな変化をまだ観察ちゅう。




日常



はじめは慣れなかったり、難しかったこと、でも、そうしたいからなんとか形にしてきたものごと。

なんども繰り返しているうちに、身についてくる。

そうすると、新鮮なときのドキドキや緊張感は薄れてくるのだけれど、

より上手にできるようになっていて、深みもでるし、幅も広がっている。


そうやって身につけてきた、自分にとっては当たり前になっていることを、毎回丁寧にしていく。

そんな風でいたいな〜と思うこのごろです。

ときには新しい発想を取り入れたり、違う方法を試してみたりしながらもね。





今朝、獅子座で新月だった。

新月のときには、自分の内側に気持ちが向きやすい。

なじんだこと、常識と思っていたこと、そんなものだと深く考えていなかったこと、

あらためてしっかり見つめてみたら、もっと自分らしいやり方に変えたい!と思うかもしれませんね。

阿佐ヶ谷・荻窪さんぽ



今日は、阿佐ヶ谷と荻窪を散歩。 ↑ 阿佐ヶ谷駅北口をでたところの商店街。スターロードって名前がいいよなw

阿佐ヶ谷は、まだ七夕祭りちゅう。



手作りの豆腐屋さん


こんにゃく工場。買うこともできる。
ところてんを買った。その場で細く押し出してくれる。

他にも有機野菜のお店、天然酵母のパン屋さん、など、気になる小さなお店があってそぞろ歩きが楽しい。


荻窪の駅ちかくの、『アステラスどうぐや』(HP

荻窪にある雑貨屋さん。今は特別に、籠の展示会ちゅう。

私は籠に弱い。見るとつい欲しくなるんだけど、今日はぐ〜っと我慢。

あけびの蔓で編んだ籠、ぶどうの蔓の皮でつくった財布など、素敵だった。


どうぐやさんへ行く途中で見つけたおしゃれなパン屋さん。

『ノザン・セートル・ドゥ・ドゥマン(HP)』

フレンチシックな感じ。朝7時半からのモーニングもしているそう。

行ってみたいな〜、乗換えの駅だし。