初苺


今日はファニーアップルのお茶会。

こういう時なので、

いつものメンバーのみ、

少人数で、広々とあいだをとって座って。


時間を過ぎてもなんだかんだと話がつづく。


いまその方が体験している出来事は、

どんな無意識の考えから起こったのか、

おしゃべりしながら掘り下げていくと、

なるほどな〜と、

人の心の不思議さを感じて、

いつものことながら、

とても興味深いし、

とても楽しかった^ ^



今日の宮崎は雨。

しとしと落ちてくる雨粒を見つめながら、

静かに過ごすのもよいものだし、


気の合う仲間と、

こうして深い話をしながら、

笑い合えるのも幸せ♡



世界が変わろうとしている

こんな時だからこそ、

ささやかな日常を丁寧に感じつつ過ごしたいなぁと思う。



昨日はこの春初の苺を食べた。

初めて食べた苺クリームのイチゴコロネパンも美味しかった。

ひいきのパン屋さんのおすすめ。



皆様にとっても

素敵な日でありますように(^^)♪








つながり


小池知事の会見から、

わたしの周りでもまた緊張感が高まってきたのかな、と思う。


怖れに支配されず、

気持ちは穏やかに保ちながら、

緊張感はもち楽観した行動をとらず、

事実を知り、対処する、

いまはそれが必須なんだよね。



イギリスのブラウン元首相から、一時的な世界政府をつくろうという提案もあり、

今回の出来事、世界が一体となって、動いているんだ、とあらためて感じる。


さまざまな情報を聞いて、

不安になってしまう時の対処法について、

WHOが指針を出していると知り、読んでみた。

https://extranet.who.int/kobe_centre/sites/default/files/pdf/20200224_JA_Stigma_IFRC_UNICEF_WHO.pdf 



自分の内側を見つめつつ、

世界の動向もできるかぎりそのままに知る。


これまであまりしてこなかったことかも。

でもやってみよう。



そして、

日々の生活を大切に楽しみたい(^^)♪





引きこもりと『古代の文書』

 

今わたしは基本的に引きこもりなので、

あまり生活のリズム自体に変わりはないのだけれど、

やっぱり気持ちはいつもとはちがう揺れのようなものがある。

 

 

 

わたしが基本的に引きこもりでもさしさわりがないのは、

インターネットのおかげもある。

 

 

今日は、オンラインでシャーマニックお茶会。

(どんなものか、はこちら

 

 

占星術の研究会、

フォーカシングや共感コミュニケーションの会も

オンラインでけっこう活発におこなっているので、

好奇心や学びたい、話したい、聴きたい欲求が

満たされているんだろう。

 

こういう仕組みや人との繋がりへ感謝。

 

そして、

いま混乱や不便さやつらさを感じていらっしゃる方、

そしてこれからの自分にも、

少しでも落ち着いて過ごせますように、

願っています。

 

 

 

 

今日のテーマは冥王星。

わたしの冥王星のシャーマニックシンボルは『古代の文書』

 

文章の出だしの光景の描写が美しく、

気に入ってしまった。

 

色とりどりのダイヤモンドが

沢山散りばめられた

ステンドグラスの窓に、

光が差し込みます。

 

光はプリズムをつくり

開いたままの本の上に投げかけます。

 

本は手書きで書かれた古代の著述で

大いなる秘密が隠されています。

 

………

茜鳥ジュンさんの『赤緯占星術供.轡磧璽泪縫奪・シンボル』より

赤緯占星術競轡磧璽泪縫奪・シンボル公開!

 

 

 

まさに、”ホロスコープを読む”イメージ”と繋がるなぁ、と。

 

 

わたしのシャーマニックシンボルには、

宝石のイメージもよく出てくる。

 

わたしにとってここでいう宝石とは、

 

エネルギーの結晶化 → 

宇宙のエネルギーが地上で人という存在として現れる

 

という感じがする。

 

確かに、わたしは宇宙の神秘のエネルギーが、

地上で、現実の中で、どのように現れているのかを知る、

のがすごく大きな喜びかも♡

 

 

ホロスコープを読み解き、

たくさんの人の中に眠る物語をあらわにして、

それが本人の喜びとともに

現実になるのを見たい、

という欲求があるのは確か。

 

ということで、

占星術師としての自分をあらためて認識したのでした(*'ω'*)

 

 

そして、、、

遅れているレポートをしあげなければ、のいま( ;∀;)

 

 

これからの時代をイメージする


昨夜、星を眺めながら、

いろんな考えが浮かんできた。





今、世界的にショックな出来事が起こっている。

占星術でみても大きな転換期。

では、これから、

どんな時代になるのだろうね。


誰かからそれを教えてもらう?




と、外から答えをもらおうと、

してしまいがちだけど、

その姿勢自体が旧式なんだなぁ、

とまず浮かんできた。



誰かが「社会をこうしよう、

わたしはこう生きるのを望みます♡」

と語り、


それを聞いて、

「ああ、自分の中にも同じ望みがあるな♪」


と気づくのは、

ただ外からの答えを待っているわけではなくて、

自分の望みを知るためのよい方法。


だから、むしろ、

それぞれが自分の内側にある

心からの望みに気づき、語り、


どんな社会で暮らしたいのかを、

まずは志を共にする仲間たちと、

新しい価値観を実現するコミュニティをつくり、


日々のささやかなところからでもよいから実践して、(←今ココかな)


そしてそのコミュニティ自体が、

またそれぞれにつながっていく、

というように、

みんなで共有していくといいんだろうな。




頭のデータだけで判断しようとすると、

過去の価値観にとらわれるので、


心からの望みを知るには、

自分の内側にあらわれてくるものすべてを、

あるがままに受け止める、

“ プレゼンス自己 ” でいられるといい。

http://chie909.jugem.jp/?eid=935 



例えば、

新しい生き方のインスピレーションが浮かんでも、


過去の価値観にとらわれた

内なる批判者と

同化してしまっていたら、


そのアイデアを、

「馬鹿馬鹿しいよ、

ありえないよ。」

なんて、否定してしまうかもしれない。


けれども、

100年以上前に、


まわりの人にあきれられながらも、

人は空を飛べるはずだと信じて

チャレンジした人がいるから、

いまわたしたちは飛行機で空を飛んでいる。



せっかくの新月エネルギーがあふれる時だから、

わたしも、どんな社会で生きたいのかを、

ありありとイメージしてみよう。

ざっくりとではあるけどね。

(これから具体的に落とし込むよ^ ^)



それぞれの人が

本来の自分の良さを育む教育と環境


喜びや愛や調和、

心からのニーズを満たすサポート力

が豊かさのバロメーターとなり、


喜びや愛のエネルギー交換が、

豊かさ、つまり経済を循環させる。


消費ではなく、

地球の資源を生かして循環させる生活、

そこに基づいたクリエイティブな社会、文化、の発展


などなど。



豊かさの基準が喜びと愛にかわれば、

人は本来の生きる喜びを思い出せる。



循環型の経済、社会のしくみは、

人の根本的なニーズを満たすものだ。

なぜなら、

人の身体は地球の一部なのだから。


無意識にでも、

それを損なう生き方をしている限り、

心から安心することが

難しいのではないだろうか。



地球とつながる人の身体からの知恵を受け取れば、

フリーエネルギーの開発も進むでしょう。


他にも、循環型でありつつ発展していくアイデアを

宇宙のサポートを受けつつ生み出せるほど、

宇宙のしくみとつながった人は、

豊かな創造性を発揮できる存在になるはず。







ショックな出来事、

うまくいかないと感じることがあっても、


今起こっていることを見つめ

必要な対策をしつつも、

(今はコロナウィルスの

感染を予防、感染の拡大を遅らせる、

それぞれに助け合う

に努めるのがいちばん必要よね。)


ただその不安に同化するのではなくて、


願い事を叶えるには、

もうそうなったかのように具体的にイメージして、

そうなった喜びをありありと味わうとよいよね。




プレゼンス自己と牡羊座で新月と


今日も陽射しがまばゆい宮崎。

近くの歩道沿いの桜は満開♪


足もとも色とりどりで綺麗(^.^)♪


この鮮やかな紫色♡



先日のアンとバーバラのフォーカシングセミナーで、

自分の内側にでてくるものすべてを、

あるがままにいさせる、

そういうスペースに自分がなる。

という話があった。


これは、フォーカシング用語では、

“ プレゼンス自己 ” という。


これは、愛と調和に満ちて、

何かに偏っていない在り方、

といえるかな。



プレゼンス自己でいられると、

内側にあらわれるどんな考えや感情にも

同化することなく、


あるがままにそれらすべてを見つめ、

関係をつくっていける。



(またくわしくは、

ホームページのコラムか、

アメブロに書くつもり)



プレゼンス自己を育むには、


まずは、

身体や生活を心地よく整えて過ごすこと。

体調が悪いと余裕がなくなり、

何もかもつらくなるものね。



それから、

美しいものを愛でる時間を持つこと。


お花でも、

アートでも、



ああ、美しい、


と自分が心から感じるものを

愛でる体験・時間は、

豊かな内側を育む。





今日は牡羊座でもうすぐ新月。

18時28分くらい。



胸のうちに何か、

あらわれてきているものが、

あるでしょうか^ ^






わたしは今、

いつも見慣れているはずのまわりの世界が、

あらためて美しいなぁ、と感じてる。



新月はあたらしくはじまるエネルギー。


頭に浮かぶ願いごとがあったら、

紙に書き留めるとよいよね。

現実化の第一歩だから。



願いごとを書くなら、


●文章は肯定形で、


●もうすでにそうなっている体で書く。


●ひとつの文にお願い事はひとつずつ。


●誰かについてではなく、

自分を主語にして、

そうなる自分について書く。


●自由に大きいビジョンを描くのは○。

そこに近づくためのスモールステップに分けて、

一段階ずつ文にするのがおすすめ。



例:

わたしは毎日、

楽しんで英語を話しています。

(大きいビジョンは、

わたしは、6ヶ月後には普通の英会話はすんなりできている。)


わたしは活動を広げるアイデアをすんなり手にしています。


など。


最後に感謝の言葉を書くのもパワーが増すみたい。






効力がつよいのは8時間以内、

効力がつづくのは48時間以内、

と言われてる。


慌てて8時間以内をめざすより、


48時間以内をめざして、

ゆったり自分と向き合えるタイミングで書くとよい

という占星家もいらして、

わたしもそれがいいなと思う。



さけた方が良いとされるボイドタイムは、

26日の16時18分〜22時38分。



新月の24日18時38分〜26日16時18分までに書ければよいということだね。




月の光がなくなるから、

今夜はきっと星が綺麗に見えるでしょう。


それでは、よい夜を(^-^)⭐




いとしのノーマ・ジーン


わたしはマリリン・モンローが好き。


とくに、

有名なアイコンとしてのイメージが出来上がる以前の、

ノーマ・ジーン(本名)の面影を感じる写真が好きかな。


十代後半のとき、

雑誌から切り抜いた写真を、

ファイルみたいになってる下敷きにはさんで

いつも眺めていた。


その切り抜きはボロボロになって、

泣く泣く捨ててしまったけれど、


似た雰囲気のポストカード(4枚の内の右下↓)を後にみつけ、

額に入れて今でも壁にかかってる。




そうここで、

当然のように占星術師魂がめざめ 笑


マリリンとわたしのホロスコープを

見比べてみるわけなのよね(^^)♪


たぶんいちばん効いているのは、

わたしの金星が、

マリリンのアセンダントにのっていること、だろうな。


他にも重なりポイントはけっこうあって、

なるほど〜となった。


占星術マニアの方のために、

シナストリーチャートも貼っておこう。


占星術なんて知らない頃だけどね。

心に響くものとは、

自分のチャートを刺激しているものでもある。


ちゃんとキャッチしてるんだよね。


やっぱり人の中には

すでに宇宙が内蔵されている、って

あらためて思うな。


ホロスコープは、それを確認できるツール。


たとえこれをみなくても

(愛と調和の元にある)

自分の感覚に従っていればいい。


わたしがホロスコープをみるのは、


自分の感覚を確かめさらに信頼できるからと、


この世の目に見えないしくみの中で紡がれる

物語を知るおもしろさ、

がたまらなく好きだから。




なんとなく、

自然に、

たとえ今はささやかな感じだとしても、


いま自分の内側で

(喜びや安心やイキイキとした刺激とともに)


確かに感じているものは、

未来への道しるべなんだと思うな^ ^






モロッコの星空、シリウスの星影

 

モロッコの砂漠では、新月の暗い夜には、

シリウスの光が明るくて、

星影ができることもある、って話を思い出した。

 

(そしてそのネタ元をググってみた(^.^)↓)

 

 

 

満月の夜の月影ではなく、、、

 

新月の月の光がない夜の、

恒星の光の影よ(゚∀゚)♪

(くりかえすけど 笑)

 

 

星座盤よりも空の星が多すぎて、

星の名前を探そうとしてもわけがわからなくなるような、

星降る空をみてみたい。

 

 

 

満月の夜につんだハーブは、

効力が強いとか。

 

星の光を受けた植物にも、

なにか合成されていそうな気がするな〜。

ただ、それが何かを知らないだけで。

 

 

 

アンとバーバラのフォーカシング


今日は、オンラインで、

フォーカシングセミナー。


本当は対面で、

福岡まで受けに行くはずだったけれど、

コロナの影響でオンラインになった。


アメリカ在住のアン・ワイザー・コーネルさんと、

イギリス在住のバーバラ・マクギャバンさんにリアルにお会いできなかったのはすごく残念だけれども、


対面では参加できなかったフォーカシング仲間も、

オンラインになったおかげで参加でき、

またこのセミナーが、

涙がでそうなくらい良い時間だったので、感動してる。


企画してくださったみなさま、

ありがとうございます。

明日も楽しみです。




お二人が共同で執筆された、

フォーカシングマニュアルは、

わたしたちのバイブル。

くわしく読み込んで、実践してきた。


そのせいか、

お二人が今日見せてくださったデモと、

わたしたちが今実践しているスタイルは、ほぼ同じで、

それを確かめられたことと、

さらに深められるヒントも頂けた。


あらためてフォーカシングにまた夢中になる予感がする♡



占星術もタロットもそうだし、

心から好きだと感じたものは、

時を経ても色あせない。

むしろさらに豊かになっていくね。



より楽しむために、

英語話せるようにならなきゃな〜♪

世界が広がるよね。


ホームページリニューアル中

 

今日は春分。

ここまでのデトックスがすごかったので、

今日は、すっかり軽く

あたらしい季節のはじまりだ〜っていう空気を味わっている。

ノイズのない、静かなはじまり、という感じ。

 

そして、

ずっとほったらかしになってしまっていた、

ホームページをリニューアル中。

 

これまでもずっと気にはなっていたけれども、

なかなか取りかかれなかった。

昨夜くらいから少しずつはじめている。

 

 

ワードプレスなのだけど、

あたらしく見つけたテーマが、

これまでになくお気に入り。

シンプルで、やわらかな雰囲気、カスタマイズもしやすい。

まだまだ整っていないけれど、

http://chie-astrology.com/

 

ヘッダーをもう少し小さくしたい。

まぁ、ちょっとずつだね(^-^)

 

トップ画像は、もともとついていたものだけれど、

とても気に入ってしまい、替えていない。

色合いもイメージもピッタリに思えて。

こういう写真をオリジナルで撮れたら替えようかな。

(bardの中で、

ぜんぶダウンロードできる

シンプルなデモ(ヘッダー画像なし)

を見つけたので、

そちらに替えた。)



 

これは桃の花。

もうすぐ桜の季節だね。

この時期になると、

はじめて新宿御苑で満開の桜をみた衝撃を思いだす^ ^

雲のようにたくさんの桜。

都会の真ん中に、あんなに広い庭園があること自体に驚いたんだろうな。


 

マーケットずき


市場、マーケット、って好きだ。


スーパーマーケットって、

あたりまえのように日常にあって、

近所のスーパーなんかは馴染みすぎて、

そしてたいていは飾らなすぎて、

昔は、なかなかその魅力を見つけることができなかった。


けれど、大人になり、

自分で食材などを真剣に探すようになってからは、


ほんとに市場の延長って感じの、

地面に屋根をつけたくらいの建物の店で、

地元の朝獲れの新鮮な魚、

地元のこだわりの生産者の野菜やお肉、

野生の山蜂の集めた地蜜、

平飼い卵などが、


庶民的な値段で、

さりげなく普通のケースに陳列されているのを見つけると、

おおっ、と興奮する。


そういう食材がまたすっごく美味しい。




全国のこだわりの食材を集めている、

お洒落なスーパーマーケットも面白くて好き。


いま住んでいる宮崎だったら、

foodalyが楽しいかな。


ここは地産地消にも、

全国のこだわり食材集めにも、

力を入れている気がする。



まつの もめちゃくちゃ飾らない小さな店舗で、

地元の食材にこだわり、

それを使ったお惣菜も人気だとか。


他にも、もしかしたら、最近の風潮なのかもしれないけど、

近所のスーパーマーケットにも地元のものが多い。


もともと宮崎が生産地だからなのもあるけど、

最近は、数十年前より、

その良さに注目してる店が多くなったんじゃないかな。

生産品を積極的にアピールした東国原知事の時期からかも。



東京に住んでいた時期に、

気になっていたのは、福島屋。

東京とは思えないほどのどかな自然の多い多摩地域に本店がある。

https://fukushimaya.net/



グルメな知人がご贔屓で、

こだわりの食材を使ったお惣菜が超おすすめ、と書いていた。

同じ地域に住んでいたから行こうと思いつつ、

車がないとちょっと不便な場所だったので、行かずじまい。


東京から宮崎に帰る少しまえに、

六本木にも店舗があることを知った。

タイミングが合わずまだ行ったことはない。

町の特徴と合わせて、

本店とはだいぶ雰囲気がちがうし高級ぽく、

それもまた楽しそうな。

https://100life.jp/regular/column/12368/ 




庭はどんどん花盛り♪

これは実のイメージより可憐に感じたプラムの花