夢のおはなし会 その2


先日の、ももちゃんの夢のおはなし会。

私はすこし前にみた夢を読み解いた。

*****

たそがれのような雰囲気。
私は自転車を押しながら、誰かと歩いてる。
ずっと舗装された固い細い道をあるいてきた。
でもその道はその先は途切れている。

よくみると道の先に砂地へおりる階段があった。
砂地のさきには川が流れている。

私は自転車を押してきていたので、その自転車をどうしたらいいのかな、と思っている。

進めなくてしばらくそこに佇んでいたけど、ふとこの自転車は折りたためるんだ!ってことに気づく。

*****

道が途切れているのは、これから生活の仕方がかわる、ということみたい。

舗装された道は、固いイメージ。

その先の砂地は柔らかくて、草が生えているところもあって、川のせせらぎが聞こえる。

舗装された道はまっすぐにガシガシ歩けるけど、ここではゆっくりと砂の感触を楽しみながら進む。

これまでちょっとムリしていたところもあるのかな、と思う。

これからはもっと柔らかく気持ちに寄りそって、生活を楽しみながら進んでいきたい。



自転車はやり方やバランス感覚に通じるイメージ。

例えば、
仕事とプライベート。
人間関係。

このあたりを折りたためるようにしているところが私の性質でもあるらしい 笑

その状況に合わせて、柔軟にやり方をかえられる身軽さが好きみたい。

たしかに相手や自分の生活のペースに合わせて、仕事やサポートの形を調節していけたらいいなと思ってる。



あさっての31日はおひつじ座で新月。

合わせる方が得意で、ときに怖がりで迷いがちなおとめ座の私にとって、おひつじ座のサッパリとした決断力や行動力は憧れるところ。

新月は新しいスタート。
おひつじ座は星読みでは、1年のはじまり。
決断、独立心、実行力、率直さ、チャレンジ、直観力、ひらめき、先頭にたつ、切り拓く、などがキーワード。


夢のメッセージを活かして、今ほんとうに望んでいる新しい生活に切り替えるのにいいときかな。。。



*****

HP:惑星ノート

はじまりの季節


今日に日付がかわってすぐ、おひつじ座の季節に突入(^^)


おひつじ座は、メラッと一瞬で燃えあがる“火”の気質をもつ。

日差しがつよくて、ノドが乾く気がする。

昨日までのうお座の季節は、繊細な気持ちがフワフワとただよう感じ。
とくに次のおひつじ座に切りかわる前はデトックス感がつよまる。


ただいまの私は、余裕をもって出かけたはずなのに、乗り継ぎをまちがったのかギリギリになりそうで、電車のなかでソワソワしてる笑。


おひつじ座はイチバン目の星座。
1年のはじまりだ!
あー、
なんだか駆けだしたい衝動がわくわ。

ひとまずは電車がついたら入り口に駆け込みます( ̄▽ ̄)



*****

フォーカシングの感想をいただきました。
惑星ノート


月と太陽


“心に太陽を抱く”というのは、詩的な表現でもあるけれど、星読みの視点からいえば、とっても実際的でもあると思う。

太陽系では、熱とエネルギーを生みだすのは太陽だけができること。

状況をよりよく変えられるのも、月=感情をケアして癒せるのも、太陽の力(生命力の源、創造力)があるからこそ。

ただ、すべての方向性を左右する土台は月(感情)。
月が満たされて安定していないと、土台が揺らぐことになるから、創りだしたものを不安定な土台にのせても崩れてしまう。

だからどちらか一方だけではなくて、月と太陽をバランスよく生かした組み合わせが、人生の基本的なリズムをつくりだす、といえそう。


明日はうお座で新月。

この日はハプナさんで占星術ワンデーセミナーもあるよ
(^-^)♪

ここでは、星読みのキーワードをもとに、自分の基本的なリズムを掴みとり、カラダの感覚と合わせて、しっくりくる言葉をみつけていきます。

その上で、どんな人生を生きたいのかをなるべく具体的に描いてみる。

自分の心の奥にある本当の願いを掴みとって、ハッキリと意識したときに、実現する力は湧きやすいです。

興味がある方はこちら(残席2名です(^-^))
28日の夕方まで受付可能です♪


月と太陽の組み合わせ。
これは、
感情と理性、
女性性と男性性、
受け入れることと行動すること、
の組み合わせででもある。

陰と陽。
相反するようにみえるものをバランスよく組み合わせることは、どんなことにも大切なんだろうな。

てつがく


心理占星術の研究会ででた言葉。

占星術を通して人に何かを伝えるには、ホロスコープを読む技術だけでは足りない。

人という存在にたいする自分なりの哲学が必要だ、と。


そのときにでていたのは、
『本来、人は自分から伸びていこうとする力をもっている』という考え方。

人は生まれてそのままに生かされていたら、自分なりに成長していく力をもっている。

ただ、その力を押さえつけている制約や重しを取りのぞけば、自然に伸びて花を咲かせようとする。



ホロスコープを通してたくさんの方と関わらせていただくなかで、私もその哲学を身につけた気がする。

それに、制約や重しに耐えつつ遠回りをしたり乗りこえたりするプロセスは、その人に深みやつよさという魅力をあたえていると思う。






*****
HP:惑星ノート


うつくしさ


イベントではひとつのセッションの時間が短くて、たくさんの方とつづけてお話しをすることになる。

だから、ホロスコープから読みとった情報がどのくらい体現されているか、がそれぞれの段階でみえてきて興味深かった。


ホロスコープから読みとれるのは、その方の持ち味の骨組み。

それぞれの方が、どんなふうに肉付けをされているのかを伺うと、具体的にイメージが描きだされてくる。

ホロスコープのエッセンスが立体化してくるような感じ。


ひとつの段階ですでに形にしている方、
輪郭がつかめてそれを形にしようと試し中の方、
“なんとなく”の予感をつかもうとしている方。


またお会いすることができたなら、
その芽がどんな蕾に、
蕾はどんな花に、
そして花を咲かせたあとはどんな実をつけて、
次はどんな種を蒔くのだろう。

と思った。

どの段階でも、もがいていても、迷っていても、自分のもつ力を発揮しようとしている人は、なんだかうつくしく見える。



*****
HP:惑星ノート

水星逆行の過ごし方


水星が逆行している時に起こりやすいと言われていること。

コミュニケーションのくい違い
交通の乱れ
なくし物を見つける
懐かしい人から連絡がある
などなど。


逆行は今日からだけどその前から影響は感じやすい。

私にはそれらしき事件!?が2つあった笑。

*昼間仕事している事務所には毎日お昼に郵便物が届く。
これは重要なので、みんなポストの横を通る時にはチェックする。

そんなことめったにないのに、一昨日は誰もチェックしていなくて、夕方まで気付かず、それでちょっとひと揉めあった。

*昨日はとっても懐かしい友だちからメールをもらった。

この2つは分かりやすく当てはまってると思う。

久しぶりの友だちからの連絡はうれしい♪
しかも、ちょうど私も彼女のことを考えていたからおもしろい。


郵便物のいき違いのような混乱もあるけれど、慌てて走り抜けてきた道を戻り、丁寧にやり直すことができるので、私はこの時期はむしろ使いがってが良い流れとも思う。


例えば、するつもりで手をつけていなかった2つの作業にようやく取りかかって、1つは完了した。

今日はiPhoneのGmailのサーバーの調子が悪くなりメールを受信できなくなった。

けれど新しくアプリを別にダウンロードしたら、これまでより使いやすくなった。

これまではドコモメールとおなじボックスだったからゴチャゴチャしていて分かりにくかったから。
結果的に整理できてよかった。


なんとなく取りこぼしてたこと、整えられてる感覚は他にもある。

いつもよりも余裕をもって確かめつつとか、その時々にあった過ごし方をしていればいいのだろうな。



*****

星読みの感想を書いてくださいました♪
Kono Mama no Uta
詩もぜひ読んでみてください。


HP:惑星ノート


記号


星読みのセッションをしたあとに、スッキリしました、と言っていただけるのがうれしい。

スッキリするときって、心の中にある何かが、使われている言葉とうまく響き合ったのだと思うから。

ホロスコープに描かれたシンプルな記号の中には、ピンからキリまで膨大なイメージが秘められている。

どこまでどんな風に読み解くか、は実際にその方の背景を知ることで具体的になる。

星の記号を手がかりにお話をしながら、その方の奥のほうからキラキラとした何か、あるいは秘密めいた暗がりがあらわれてくるのを感じる。

表にでていない何かが引きだされた瞬間はちょっと特別な時間になる。






*****
HP:惑星ノート


みずがめ座で新月


31日の朝、6時38分にみずがめ座で新月。

新月はまわりの影響からすこし離れて、自分の心をみつめるのによい時。

みずがめ座は、自分らしくあることを意識する。
たとえ結果的に人と同じことを言うとしても、いったん自分で考えて自分の言葉で話す。

本質的であること。
飾りを必要としないストイックさ。

人道的であること。
偏見なく人と関わる。


みずがめ座は理性的なのだけど、今回は感情が深く激しくあふれでそうな気配もする星まわり。

どうしても手放せないこだわり、深い愛情や欲求、そういうものに向き合ってみるのもよさそう。

みずがめ座の時だから、感情に溺れずに、どこか冷静に受けとめることもできるはず。

熱いハートとクールな頭脳、というイメージかな(^^)




*****
HP→惑星ノート ブログ更新しました

アンテナ


星読みをしていると、「そう感じていました」「それを始めたところです」というようなことを言われる方が多い。

ホロスコープは、人に備わった考え方や行動のしくみを映し出しているものと私は考えてる。

“こうしたい”と衝動が湧いたり、“どうしてもこれが気になる”という時は、ちゃんと自分に備わったアンテナが作動していて、必要なものをキャッチしているのだと思う。

ホロスコープは天の星のメッセージ。

天の星のメッセージと自分の胸の中でささやく声が、同じ時期に同じことを言っている。

なんて、神秘的で面白いんだろう(^^)♪


“星を読む“のは私にとってすでに日常で馴染んだものではあるけれど、宇宙と人の心の神秘はいつも胸をときめかせてくれる。



*****
HP:惑星ノート


2014年

日付がかわって今日25日は国立で『美味しい星読み&飲茶ランチ会』(^^)♪

美味しい飲茶を頂きながら2014年を読む。

このコラボは新しい試みなのでどんな風に話そうかな、とちょっと緊張しつつ考えてる。。。(^.^)

2014年を読むのだけど、ここ数年は特別な意味もある星周りだから、その大きな流れの部分からも2014年を眺めたい。

ある人は、この時代に生まれることを「競争率の高いチケットを手に入れるようなもの」と言った。

足元だけをみていたら不安定とも言えるけれども、全体を見ることができたなら、とても興味深い時を今、私たちは生きている。




*****
HP→惑星ノート