甥っ子と姪っ子



夕方、バイク乗りして遊ぶ姪っ子ちゃん。

ペダルがなくて、足で蹴って勢いをつけて、足を浮かせてバランスをとりながら走らせる。


もっと小さい頃は、自然に身体を傾けてカーブしてUターンがすんなりできてたけれど、いまは曲がろうと意識し過ぎるせいか、怖くなってできない。


できないのが悔しくて大泣きした。

でも目いっぱい泣いたらまた元気になってバイクを飛ばしてた笑、可愛い♪


彼女は、長靴下のピッピみたいに元気いっぱいな女の子なんだけど、いまは女の子らしいワンピースが好みで、キラキラしたサンダルとか、ピンクとか 大好きみたい。


楽しみ屋さんでおてんばだけど、落ちついたところもあって、ケーキ作りのお手伝いなんて、慎重で、ほとんどこぼさずきっちりやれる。



甥っ子は、高校に進学したばかり。

農業に興味があって、農業高校を選んだ。


親は、本人の今後のために進学校に行った方が良いのではないかとか、いろいろ迷ったりもしたみたいだけど、本人のやりたいという気持ちを大切にした。


甥っ子は、やりたいことがはっきりしているタイプで、自分に合うことを選びとれる力がある、とお世話になった中学の先生も言ったそう。



大学に行きたくていくならよいけれど、やりたいことがないのにただ卒業したという資格だけのために行くのは、やりたいことがある甥っ子みたいなタイプにとっては一番の道ではないのかもね、と叔母(私)も横っちょから思う。



その高校では、農業で食べ物をつくり、加工する。

作ったものを販売するためのビジネスコースもあって、地元のお店で売っているそう。


甥っ子は、学校が楽しい!とイキイキしていた。

話を聞いてたら、施設も先生も、子どもたちが興味のあることを、のびのびと試せる環境が整っているように感じた。



興味のあることに詳しくなって、実際にやれる力をつけて、そして、その力を社会のなかでいかすセンスを磨いた方が、たとえ、その後、農業ではない道を選んだとしても、彼自身の生きる力はたくましく育っているだろうから、いまわたし達大人が想像することをこえて、伸びやかに生きていくんじゃないかな。



こんなふうに、子どもたちがイキイキと自分たちの可能性を、生命を、輝かせている姿をみると、すごいパワーとハッピーをもらえるし、そのエネルギーが、たったいまも未来を産みだしているんだ、って思う。



この日は、手羽先の燻製と、ベーコン作りを庭でしていた。


前の日からハーブや塩につけて仕込んで、炭火をおこして、スモーカーに入れて燻す。


夕暮れどきに、燻されるのを待ちながら火のまわりに座って過ごすのはすごく心地よかった。

(そしてその後すごく美味しかった^ ^♪)



ひと段落つきました


すっかり夏になりましたね^ ^


わたしは、家族のことで、このところのいちばん気がかりだったことが決まり、ようやくひと段落つきそうで、ほっとしてます。


これで万事オッケーというわけではなく、これからもずっと心の奥に揺れるものを抱きつつ、という感じだけど、今出来ることのなかでは、いちばんよい状態に落ちつくんじゃないかな。。


どうなることかとすごく気がかりだったから、タイミングもぴったりに決まったのは奇跡的に感じる。


自分たちにできることをして、天にお任せする。

お任せの部分で、天がよき計らいをしてくださったな、とあらためて、全体のつながりを思う。


気持ちを寄せてくださった皆さま、本当にありがとうございます。



この頃、よく眠れるようになって、気がかりな間は、眠りが浅かったんだなぁと気づいた。


身体もまた少し落ちついたかな。


ひとまずご報告です(o^^o)



*****


メキシコのお土産。

缶詰はヨーロッパのものらしい。


チョコレートは、外国の味がした。


お土産で頂くチョコレートは、ロシアも、フランスも、東欧も、メキシコも、同じような独特の風味がする。


それをわたしは外国の味だ、、と思ってしまう。

なにか共通の香料など入ってるのかな?



*****


スマートフォンのケースの裏につけて、スタンドにしたり、指を入れてもち手を安定させたりする、ホールドリング。


猫の顔型のものをみつけたので替えた♪


あたらしいホルダー、スマートフォンをもつたびに可愛くて、密かにフフッ♪てなるし、ホールド力もバッチリで安心。


こんなささやかな心地よさが積みかさなって、幸せな気分になるね。

わたしのなかに眠るもの


7月の皆既日食の冥王星が、2度差という近さでわたしのドラゴンヘッドのそばにあり、


部分月食では月が、わたしのドラゴンヘッドにかさなっていた。


おとといの獅子座新月から、だいぶ流れが変わってきた気がして、ふりかえってみると、


この7月という時期は、ルーツも含めて、家族というつよい水流の渦に巻きこまれているみたいだった。

蟹座の季節の日食にふさわしい。


具体的には、父と母のために集中して動いた。

いつもは遠くに住んでいる姉妹や叔母と協力してミッションを果たした。

大げさに聞こえると思うけれど、そんな気分になってすらいる。


まだ終了していないミッションもあり、まだしばらくは続くけれど、はじめのインパクトはのりきった、という感じ。


日食、月食の影響はほぼ6ヶ月続くと考える。

日食や月食がおこった月に、その影響がハッキリと現れて、6ヶ月の流れの肝を教えてくれるんだろう。



そんななかで、育った環境や両親との関係について、またちがう角度から理解する機会もできた。


より深くわかったこともけっこうある。

それはまた言葉にできたらいいな。



いま、なるほどな〜と眺めているのは、わたしの母方の祖母の出生ホロスコープ。


この祖母は、わたしが生まれる前に亡くなっている。

だから、わたしはこれまで母の話からしか、彼女をみてこなかった。

その情報もまた、多くもないのだけれど。


今回、母の妹である叔母とゆっくり話す時間があった。


叔母の視点からきく祖母は、母の視点からみる姿とまたちがう女性だった。


結局は、母は母の、叔母は叔母の、ものの見方というフィルターをとおして、祖母を見せてくれているに過ぎないんだね。



叔母と話していて、心に触れる何かがあって、ふと祖母の誕生日を聞いてみた。


会ったことがないせいか、思い出話しを聞くだけで満足していて、これまで彼女の出生ホロスコープをみようなんて、思いつきもしなかったんだけど。。



ホロスコープをひらいてみると、、、



祖母の金星は、わたしの金星とまったく同じ位置にあった。

少しのズレもない。


金星は、感性、美意識、人づきあい、愛、の象徴。



そして、彼女の木星は、わたしの仕事や社会的な生き方を現す、Mcにぴったりと重なる。

こちらも少しのズレもない。


さらに、彼女のドラゴンヘッドは、少しのズレもなく、わたしのドラゴンヘッドと90度。



彼女の太陽は、2度という少しの差で、わたしのドラゴンテイルと重なる。


つよい縁を感じる配置。

ドラゴンヘッド・テイルがからむと、宿命的、前世的意味合いも含まれてくる。



だから今回の日食、月食は、わたしと彼女の宿命的絆を照らしだした、ともいえる。




祖母は、結婚して岡山にうつり住むまで、東京で華やかに文化的な暮らしをしていた人だ。

当時で考えるとハイカラで、若い頃には、イギリス大使館で働いていたという。



わたしは生まれも育ちも九州で、ほどよい自然のなかで暮らすのが好きなんだけど、

同時に、東京の空気感がとても好きなんだ。


人混みやギラギラした感じは苦手なんだけどね、なんというか、昔から保たれてきたんだろうな〜という文化の香りを感じられるような場所が、すごくいいなと思う。


気のせいのようでもあるけど、東京に住む前から感じていた、憧れまじりのうっすらと懐かしい感覚は、もしかしたら、この祖母のものだったのかもしれないと、わりと真面目に最近思っている。


言葉で伝えられたものではなくても、身体や血をとおして、伝えられるものはあるのでしょう。


知ることで、わたしのなかで解放される何かもあった。


血の繋がりがなくても、受け渡していくときもある。

人の縁って本当におもしろいよね。




ひどく辛いとか落ちこむとか、ではないけれど、老いや病、自分ではどうしようもない流れのなかで、なんとかできることをしていくとか、どう死ぬかはどう生きるかと同じなんだなと感じたり、サポートしてくれる人たちの印象的な姿とか、父や母の言葉にならない絆とか。


深く繊細に心を掘りおこされるような時期で、ふと涙がでていることもある。単に悲しいとかではなくて、生きる不思議さ切なさ、めんどくささ、重たさ、素晴らしさ、愛しさ、みたいなものに否応なく触れてしまう感じ。


そんな心にしみて、さいきんなんどでも聴いてしまうこの歌。いいな。




日南海岸へ息ぬきに


お見舞いにきてくれている叔母といっしょに日南海岸でちょっと息ぬき。


ここ2、3日、宮崎市はよいお天気で、夏の海が恋しくなった。



帰り道には、またここに寄って叔母も自分もおもてなし♪

今日は、いちご丸ごとかき氷。

こちらもすっごく美味しかった!


前回食べた100%苺ジュースのかき氷も濃厚でよいし、


いちご丸ごとは、まるっと果肉が入っているせいか、フワッフワしてる。


ラフレーズ

https://instagram.com/lafraise.miyazaki.ootuka?igshid=1dz0khdir2v2e


五感を磨く


わたしは最近、霊能者で占い師の幸川玲巳さんのブログをよく読む。


目に見えない存在とコンタクトがとれる方だけれど、


もう亡くなった方の言葉にとらわれるよりも、生きているあなたが、今、本心で感じていることをいちばん大切にしてください


といった考え方に共感できて、学べることがたくさんある。


今日のこの記事もなるほどなぁとおもしろかった。


https://ameblo.jp/reimiyukikawa/entry-12496233391.html 



五感を磨くことが、魂の成長につながる、という話。



魂、というと宗教や精神世界の特別な感じがしてしまうかもしれない。


けれど、わたしは、魂 って、美意識や信念や慈愛など、人のなかから溢れでて、日常の生活の根底に流れるものの源だと思う。


( 魂の状態によっては、ギスギスした痛痛しいあらわれもあるのでしょうね。)


魂を磨く、とは、生活や生き方の質をあげる。

人生を豊かに楽しむ。


特別な世界のことではなくて、日々の暮らしに関わること、だなぁと思ってる。




個人的に ふむふむ!となった記事の一部を抜粋。


*****


ピアノの旋律は魂をキレイに浄化してくれたうえに

 

その場の運気を整える作用もあります。

 

ヴァイオリンやギターは曲にもよります

 

気分の高揚、心を軽くする作用があります。


*****



わたしは昔は、ギターやヴァイオリンの音色がとても好きだった。


今もかわらず弦楽器の音色も好きだけど、最近は、それ以上にピアノの音色に惹かれてる。


特によい音色で、ゆっくりと奏でられるピアノ曲では、その一音、一音が、直接、胸のなかに落ちてくる、雨粒のように感じた。



玲巳さんのこの言葉を読んで、その訳がひとつ分かった気がする。



最近は、今のわたしに必要のない重い枷から解き放たれて、身体も心もすっきりしていく感じがつよいから。


浄化の音が特にしっくりくるんだろうな、と。


意識していないところで、ちゃんと必要なものを選びとっているんだね〜。



味覚編 笑 

100%苺ジュースの氷を削ったかき氷。すっごく美味しい♪


いちご農家直営店ラ・フレーズ

https://www.instagram.com/lafraise.miyazaki.ootuka



無事におわりました


家族の手術は無事におわりました。


お気遣いくださったみなさま、祈ってくださったみなさま、

ありがとうございます(^^)


おかげさまで、わたしも思っていたより落ちついていられました。



まだ油断はできませんが、ひとつの大きな山場はこえたと思います。





病室からみえるとなりの建物の屋上にとまっている鳥。


いちど飛んでいったけれど、またやってきてずっといる。

可愛い。なんて鳥かな。



ふつうに


家族が今週手術をするので、細々とした準備をすませつつ過ごしている。


執刀医である主治医は、頼もしく親身で、安心感がある。

しっかり話をしてから、信頼してまかせよう、と腹がくくれているみたい。

わたしもおなじ。


とはいえ、やはり静かな緊張はずっとつづいているし、いつものささやかな日常にたいしても感じ方がちがう。

繊細に、心のぐっと奥から触れているような。


わたしは負荷がすぐに肌にでるから、このところずっと腫れてて落ちつかないけれど。


わたしがどよよんとしてるより、少なくともおもて向きくらいでも、ふつうに穏やかにしてようと思う。

こういうときは、軽やかな冗談をいって笑わせるくらい余裕があるとよいのかもしれないね。雰囲気にのまれずに。


これは、フォーカシング的にいえば、緊張感や繊細さがあることをていねいに認めてその気持ちによりそいつつ、それに同化しないで、おもしろいことを考えたりする自分も認めて引きだすって感じかな。


この絵もそんな気持ちにさせてくれる^ ^

栗田淳一さん作

「心がアートをうみだしている」より

https://www.1101.com/yamanami/2019-07-13.html 


ほぼ日の連載ですが、今日の4回目の話もよかった〜〜〜。ぐっときた。

ここのアートたちも山下施設長の話も、へたれたわたしを力づけてくれる。

 4回目https://www.1101.com/yamanami/2019-07-14.html






わたしの肌の調子は、まだまだではあるけど、いちばん酷い時よりはずいぶん改善してるから、あるていどだけど動けてよかった。



こんな真摯な空気感は、いま空の太陽や金星が、土星や冥王星という重々しい星のエネルギーにふれていることからも読みとれる。


そういう重々しい気持ちになりやすいタイミング。


だからこそ、その雰囲気にのまれずに、わたしのなかの土星と冥王星をながめてみる。


土星と冥王星が伝えるエネルギーをしっかり味わってみる。





『心がアートをうみだしている』


せんじつ、ふとつけたカーラジオで流れていた番組では、ちょうど糸井重里さんがゲストだった。


糸井重里さんには、“ ほぼ日 ”から興味をもった。

ほぼ日の活動からは、わたしが目指したい生き方へのエッセンスがたくさんもらえて、人生の先輩として気になっている方のひとり。


だから、ラジオをつけたタイミングで、その方が招かれ登場する、というのはとてもうれしい、ツイテル感じ。


ほぼ日 の連載はおもしろいって感じるものがおおい。


いまハマっているのは、

知らない土地の雰囲気を味わう旅行記としても情景を描く文章がいいし、書いてる人たちのどことないユーモアや仲間感もいいなと思う。

「ネパールでぼくらは」

https://www.1101.com/nepal/index.html


そして、こちらのアート活動とその広がりがすごいなぁと感動してしまう。

画像でだけど作品をみて、子どものような感性(生命の輝きの純粋さ、のようなもの)を保ちつづけているんだろうなって思った。

「心がアートをうみだしている」

https://www.1101.com/yamanami/2019-07-11.html 



栗田淳一さん作

(上記の「心がアートをうみだしている」よりお借りしました。)



・教育の場(ネパールでぼくらは)、

・アート表現の場(心がアートをうみだしている)

どちらの連載も、

・人が安心してその人自身でいられる場づくり、

・ふさわしい場(物理的環境と理解しサポートする人たち)があるから、それぞれの可能性を育み表現できる、

というところがあると思う。


人とのつながりがさらに活動を育て、ひとつの場でうまれたものたちが、さらに広い世界に羽ばたいていく。

そんな空気感も好き。


その人らしさ:創造性の発揮、それを育み広げてくれる人とのつながり、っていうのは、やっぱりわたしがいちばん惹かれるキーワードだな。


わたしが心理占星術やタロットリーディング、フォーカシングという活動を通してしたいこともおなじ。


わたしのしている活動は、まずはそれぞれの人が、安心して本来の自分を表現するために、自分自身で環境をととのえる。


本音と向きあい、

あるがままの自分を知り、

それをいかせるスペースを内面につくり守る、

ことができるようになるためのサポート。


そんなことをあらためて確かめられた。


わたしはいまは家族のために動く時間がおおくて、忙しいせいか肌も腫れているので、なかなか思うようには出かけたり活動したりはできないのがもどかしくもあるのだけれど。。。


少しずつこの先がみえてはきているかな。








最近のこと

 

最近は、自分の(肌の)体調は波はありつつもずいぶん落ちついてきたのだけれど、

すこし前に家族の病が発覚し、ここしばらくは病院での説明などに付き添ったりしている。

 

自分のものもそうだけれど、身近な人が病と向きあう姿に付き添うことで、またちがう世界が見えてきている。

自分ではどうしようもないことをどう受け入れ、生き方をかえていくのか。

医師や看護士そのほかのサポートしてくださるたくさんの人たちへの尊敬や感謝とか。

 

7月〜8月は山場というか考えることもやることも多い。

夜やひとりの時間はあれこれ気がかりも浮かぶし気持ちが揺れることもあるけれど。

本人がいまの状態を受けいれ、できることをタンタンとして過ごしているのもあって、わたしもどちらかというと穏やかに過ごせているかな。

 

 

 

なんとなくいまのことを書いてみました。

 

 

 

ジオマンシー チェーンできました

昨日パーツを買ってきた、ジオマンシー チェーンできました。

http://chie909.jugem.jp/?eid=833


パーツを丸カンでつなぐだけなので簡単で楽しかった♪


モノづくりというとわたしの場合、これまで洋裁とか、編み物とか。

時間と手間がかかるのばかりしてた気がする。

楽しくもあるけどたいへん〜っていう気持ちも多かった。


こんなにあっけなくできていいのか、楽しいだけで終われていいんだ、ということにやたらと感動してしまった。


これはあらたなパターンだからしっかり身体で覚えておこう。


モノづくりは単純に楽しい!とすりこみ。

軽やかにね。


というのも、たいへん〜っていうのが重くなりすぎてると、なかなか気軽にとりかかれないから。


軽やかに楽しい〜からあらためてはじめよう、ってなっているこのごろ。

英語も途中になってるレポートもいろんなことすべてかな。

今回の皆既日食でもさらに軽くなった(^^)



ジオマンシー チェーンはブレスレットにもなる。


わたしは、アクセサリーでは、ネックレスや指輪はしめつけられる感じが苦手なのと皮膚が敏感なのでかゆくなりやすいからほとんどつけられない。


ピアスをつけるのはとても好き。

耳はそうでもないけど顔は腫れやすいから、今はつけないようにしてる。


ブレスレットは好きなんだけど、腕も皮膚がまだ痛んでいるのでつけられない。ざんねん。

つるつる肌になったら、つけてる写真を投稿したいのにね。




7月の星読みアップされました。

https://ameblo.jp/kunitachihappyspot/entry-12488571280.html