運命をなぜ決めたの?


運命は、腹時計のように決まっている。
それは、宇宙と“ 自分” が決めている。

そんな、私のなかのQ&Aみたいな話を書いたけれど(温室と味噌しこみの話をはさみつつねw)、

このあとには、
「運命をなぜ決めたの?」と質問したくなる気がする。

少なくとも星読みをはじめたばかりのときの私は、それを不思議に思ったの。


今の私は、
「この地上での体験をめいっぱい楽しむためだよ(^_-)」
と答えたいと思う。



限りある時間に支配され、
時間とともに変わっていく物質界という地上での制限。

自分にだけ与えられた環境や個性。
そして、腹時計のように感じとる、運命の節目。


こんな条件があるからこそ、

今、この時この場所で生きることを深く味わうことができる、と思うから。



たとえば、何の制限も条件もない、ただ空白な空間にとびこむことを想像してみる。

心のうちに、「これをしたい!」いう衝動もなく。

そんななかで、「何をしてもいいよ」、と言われたら、いったい何からはじめるだろう。。



みなさんは、何からはじめますか?



わたしはなんの衝動もなければ、心はツルンと空で、とくに何かをしようとも感じないかもしれない、と思った。


何か、憧れのような、
もっと遠くの空の向こうにあるものを知りたい、という衝動があるから、
その先に行ってみようと決めて行動するんだろうな、と思った。


胸のうちにある何かが、
気づいて外にだして欲しいと、

あなたの感性と体と知性とをつかって、
この世の中に表現して欲しいと
心のなかのドアをノックするような、
つき動かされる衝動があるから、

それを形にするために、
必要な何かをめざして動くんだろうなと思った。


それは、何かをなしとげたい、
という激しいものとも限らず、

美しいものを愛でたい。
心地よく日々を過ごしたい。
というおだやかな願い、でもいい。

そんな願いが、望む生活を作りだす、きっかけになるんだろうな。


制限や条件は、こんな衝動や願いを生みだすものなのかも。

苦しみも与えるけれど、
それを創造的につかうこともできる。

制限をこえて、想像力と創造力を発揮し、
衝動を形にしたり、願いを叶えたりしようとしているとき、

ワクワクするような満たされた気持ちを味わえる。
ああ、生きてる!って感じる。




惑星ノート

惑星ノートCalender

運命は誰が決めるの?


昨日、“運命は腹時計でそのタイミングを告げる” というようなことを書いた。

「じゃあ、その運命は誰が決めているの?」
という疑問も浮かぶと思う、、
たぶんね( ^ω^ )w

(こういうことは、星読みをはじめてから、ずっと心のなかで問い続けていることだし、その答えのようなものもそのつど私はずっと持っていたのだけど、今こうやって、人に聞いてもらえるように書きたくなってるのです。)


私の運命は、宇宙と“わたし”が決めている。

あなたの運命は、宇宙と “アナタ” が。




この “わたし” “アナタ” は、
肉体と感情と、たった今考えていることに捕らわれている、“私” と “あなた” とはすこしちがうつもりで書いてる。

もっと深くもっと広く。
きっと目に見えない要素も含めて、この世界の成り立ちと通じている “わたし” であり “アナタ” 。

「宇宙」と別のように書いたけれど、
この “わたし” “アナタ” は、宇宙そのものともいえるかも。

私がイメージしてるのは、宇宙そのものなんだけれども、しずくのように宇宙から糸をひいて繋がりつつ、あえてすこし離れている感じ。

だから、宇宙の全体意識とはちがう、個としての視点ももつ。

“わたし” は私そのもので、“アナタ” はあなたそのもの。
だけど地上ではあえて離れている。

その存在に会うためにたどる道は、それぞれの人の心の奥の奥にある。

常にまたは時に、つながりを感じている人もいれば、
その存在を忘れている人もいる。



私の描くイメージだと、

私が地上に降りたつ(産まれる)まえ、

尾っぽが宇宙と繋がった個としての “わたし” と、宇宙の全体意識とが相談して、私のこの地上での活動のベースになる地図(運命の骨組み)をつくった。

もちろん、書きこみ自由・色ぬり自由の余白は、たくさんある。



このようなお話、あとちょっとつづくかも。
私にとって、これまでの星読みの道のりの1つの区切りをつけてる気分もあるみたいです。

お付きあい、ありがとうございます(^-^)/



☆今日は、みずがめ座の本当にさいごのさいごのキワキワで新月☆
↓↓
惑星ノートCalender



☆ご案内☆
2015年4月1日より、星読み(占星術ホロスコープリーディング)の料金を改定いたします。
くわしくはこちらです(^^)

↓↓
惑星ノート〉セッション


運命はジャズセッション


朝起きて、運命はジャズセッションのようだな〜、
とふと思った。


ホロスコープで時期を読んでいると、
「こういう出来事が起こりますよ」というタイミングがあるの。
で、実際、そのタイミングにそういう出来事が起こってる。

だから、
「運命は決まっているの?」と尋ねられたら、

私は、「決まっているよ。」と答えると思う。

そしてつづけて大事な説明をする。

「だけどそれはマニュアルのような堅苦しいものではなく、腹時計のようなものだよ。


お腹空いたな〜と感じて、
そろそろご飯の時間だな、と分かるんだけど、

何を食べようか、
誰と食べようか、
いややっぱり食べるのはやめよ〜、
と決めるのは自分、て感じよ。」

と答えると思う。



たとえばね、運命が音楽だとしたら。

どんなステージで、
どの楽器をつかって、
どんなメロディーを奏でるか、
は本人の自由。

ただ、本人の得意な楽器はあり、
みんな(宇宙全体の流れ)が奏でているメロディーもある。

それをいかすような演奏をすると、
素敵なハーモニーになる。


アドリブで演奏をする自分のパート(星で読むタイミング)は決まっていて、どんな演奏をするのかは自由。

だけど、まわりの人とのアイコンタクトがあるから、
孤独ではなく、
(宇宙も偶然のような必然のサインを送ってくる!)
サポートがあるからこそ、むしろノビノビと演奏できる。

そんな感じです(^^)




☆ご案内☆
2015年4月1日より、星読み(占星術ホロスコープリーディング)の料金を改定いたします。
くわしくはこちらです(^^)

↓↓
惑星ノート〉セッション


惑星ノートCalender


覚醒

12月は、15日までは、大揺れで、
そこから、21日の冬至&新月にむけて、覚醒、という流れだった気がした。

12月15日の大揺れは、2011年の3月に動きだし、2012年の6月から本格的にはじまった変容のプロセスだから、ここ3、4年間の流れも、ひとつのまとまりとしてふり返ることができる。

これは私だけではなくて、まわりの方とお話をしていても、そうそう私も!とおっしゃる方、わりに多いかな。

変容の時は、眠っていた本当の自分の物語を目覚めさせる。
このひとつのプロセスの、最後の大揺れのピークは、来年の3月17日。



今、これまでになく私の心は軽やか。

長い長いあいだ、まるで枷のように重く胸をしめつけていた何か(たぶんそれは、怖れ、といえそうなもの)は、
なくなってしまった。


またきたとしても、たぶん前より大丈夫。

ここから、あとひと揺れくるのが楽しみでもあるこのごろ。



西の魔女がおくってくれた、
クリスマスアロマキャンドルと、
オーラをクレンジングする練りお香。
すっごくいい匂い。
そしてとてもラクになるの。



惑星ノート

惑星ノートCalender


マニアック


昨日は新宿で星読み。

占星術って、覚えることが多くて、
難しく感じやすいもの。

楽器を弾くまえに、
その技術を身につけるまでは、
訓練する、のと似てるかな〜。

でも、技術が身につきはじめて、
星を読んでいくと、
きっとすごく楽しくなると思う。

ホロスコープには、
ものすごくたくさんの情報が秘められている。

それを引き出すのは、
何を知りたいかという質問と、
技術と、
体験に基づく言葉の力。


ホロスコープを通して、
その方の体験や、ものの見方、
感じ方、をリアルにお聞きできるのも、
星読みの楽しさだな〜☆


(Photo:star walk)



意味


昨日は新宿で星読み。

その人にとっては、慣れ過ぎていて、
あたりまえになっているクセも、

気がつかないうちに心に負担がかかっていると、
無意識や体がSOSのサインを出しはじめる。

本人が気がつかないと、
まわりの状況をとおして、
サインを送ってくる。

それはもうくり返し。
だんだん強烈になって、
気づいてもらえるまで。

星を読むと、
そのクセも、
サインが強まる時期もわかる。

たとえば過去の体験も、
客観的に見ることができて、
そうすると、

ああ、そうか、
わたしは、ここで変われたのかもしれない、
と理解できることもある。

苦しかったけれども、
あのとき気づけてよかった、と。
過去の記憶のとらえ方が変わるかもしれない。


もちろん、感情はたんに割りきってなくなるものではないから、
そのときの自分の悲しさや苦しさという感情に寄りそい、
味わい、共感する、っていうのは
とても大事にしてる。

ただ、星を読んでいると、
そのとき味わった感情や体験への愛おしさとともに、

すべてに意味があるのだと、思えてくる。



(Photo :Star Walk)


*****

惑星ノートCalender『月は、やぎ座です☆更新しました☆

自分で


今日はハプナさんで、星科プログラム基礎講座と応用講座。


基礎講座のテーマは、アスペクト。

生まれたときの星の配置(ホロスコープ)に描かれた、星と星との関係性。

これは、かなりその方の、
独特の個性となってあらわれる。


参加してくださるみなさまが、
ご自身のホロスコープを読み解きながら、

なにか、を見つけたときの、
ピカン☆と輝く瞳をみるのが、
わたしはとても好き。


自分自身の言葉で、
自分の本当に感じていることを話すって、
ピタッとなにかがはまって、
視界がクリアになる気がする。



*****

星科プログラムのことを書いてくださいました。いつもありがとうございます(^_-)

三大設定R & フラワーエッセンスで本来の自分を思い出す マザーガーデン 横浜 高久美香さん


深み


空で太陽が冥王星とむかい合ってる。

3日、4日、がピークかな。

冥王星はとてもパワフル。
徹底的にものごとを突きつけてくる感じ。
プレッシャー。

あと、洞察力を深めたり、
ものの見方を変えたり。

隠れたくなったり、
隠されたものを明らかにしたくなったり。

心の奥に隠していたものも明るみにでやすい。
底にたまった何かがかき出されるみたい。

わたしは朝からどーんと深みにはまったあと、
心の底からモワモワしたものがでてきてて、体調も落ち着かないし、迷子の気分だったけど、

今の自分がなにを求めているか、薄々つかめそうな感覚が湧いてきてる、ところ。
もすこし整理しよう。


そうそう。
冥王星はパワフルな分、ヘビーさもあるけれど、
受けとめたあと、力強くなったり、懐が広がったりすることもある。



*****

HP:惑星ノート


国立でふたご座会


今日は国立でふたご座会。

ちょうど1年くらい前のふたご座会で感じてたこと、

メンバーはちがうのだけど、
やっぱり今日も感じた。

ふたご座さんが集まってこられたとき、
風にそよぐ柔らかな草のような繊細さ、がある。


わたしがそれまで抱いていた印象、

軽快なおしゃべり、
才気煥発、
ユーモア、
元気のよさ、

それももちろんあるのだけど、

集まってこられたときの、
はじめの濃ゆい印象は、
繊細さ、なのだった。

前回、わたしはそれが意外な気がした。


とても繊細で、

たぶん “孤独” 、と呼べそうなものの気配もある。

表には出ていないけれど。

それはふたご座の、軽やかさの裏側にあるものなのかな、と想像する。


世の中の価値観が、古く硬くなってしまわないように、

客観性や新しい情報をもたらす、
メッセンジャーとしての役割。

とどまらない旅人としての自由さ。
永遠の若者。

そういったものの裏側にある何か。




企画・運営のマリンカさん、
ご参加くださったみなさま、
ふかく、軽やかな、不思議な時間をありがとうございました(^^)
興味がつきず楽しかったです。



参加してくださった方から贈り物。
笑い文字、すごく素敵♪

わたしのイメージが笑顔だといってくださり、とてもうれしかったです。
ゆきさん、ありがとうございます☆
ゆきさんの印象も、やさしい笑顔です。




*****

HP:惑星ノート


金星がふたご座へ


23日の21時35分に、金星がふたご座へはいった。

ふたご座は、おしゃべりが弾む感じ。


ちょうど星科プログラム基礎のグループで、星の話がもりあがってた時間。

まさに体感型プログラム!と言葉をいただき、うれしい♪



心なしか風も爽やか。

夏至をすぎて、
デトックスして、あたらしい何かが流れ込んで再起動
といった感覚の今。

ずいぶん軽くなれてるかもな。




*****

HP:惑星ノート