無事におわりました


家族の手術は無事におわりました。


お気遣いくださったみなさま、祈ってくださったみなさま、

ありがとうございます(^^)


おかげさまで、わたしも思っていたより落ちついていられました。



まだ油断はできませんが、ひとつの大きな山場はこえたと思います。





病室からみえるとなりの建物の屋上にとまっている鳥。


いちど飛んでいったけれど、またやってきてずっといる。

可愛い。なんて鳥かな。



ふつうに


家族が今週手術をするので、細々とした準備をすませつつ過ごしている。


執刀医である主治医は、頼もしく親身で、安心感がある。

しっかり話をしてから、信頼してまかせよう、と腹がくくれているみたい。

わたしもおなじ。


とはいえ、やはり静かな緊張はずっとつづいているし、いつものささやかな日常にたいしても感じ方がちがう。

繊細に、心のぐっと奥から触れているような。


わたしは負荷がすぐに肌にでるから、このところずっと腫れてて落ちつかないけれど。


わたしがどよよんとしてるより、少なくともおもて向きくらいでも、ふつうに穏やかにしてようと思う。

こういうときは、軽やかな冗談をいって笑わせるくらい余裕があるとよいのかもしれないね。雰囲気にのまれずに。


これは、フォーカシング的にいえば、緊張感や繊細さがあることをていねいに認めてその気持ちによりそいつつ、それに同化しないで、おもしろいことを考えたりする自分も認めて引きだすって感じかな。


この絵もそんな気持ちにさせてくれる^ ^

栗田淳一さん作

「心がアートをうみだしている」より

https://www.1101.com/yamanami/2019-07-13.html 


ほぼ日の連載ですが、今日の4回目の話もよかった〜〜〜。ぐっときた。

ここのアートたちも山下施設長の話も、へたれたわたしを力づけてくれる。

 4回目https://www.1101.com/yamanami/2019-07-14.html






わたしの肌の調子は、まだまだではあるけど、いちばん酷い時よりはずいぶん改善してるから、あるていどだけど動けてよかった。



こんな真摯な空気感は、いま空の太陽や金星が、土星や冥王星という重々しい星のエネルギーにふれていることからも読みとれる。


そういう重々しい気持ちになりやすいタイミング。


だからこそ、その雰囲気にのまれずに、わたしのなかの土星と冥王星をながめてみる。


土星と冥王星が伝えるエネルギーをしっかり味わってみる。





『心がアートをうみだしている』


せんじつ、ふとつけたカーラジオで流れていた番組では、ちょうど糸井重里さんがゲストだった。


糸井重里さんには、“ ほぼ日 ”から興味をもった。

ほぼ日の活動からは、わたしが目指したい生き方へのエッセンスがたくさんもらえて、人生の先輩として気になっている方のひとり。


だから、ラジオをつけたタイミングで、その方が招かれ登場する、というのはとてもうれしい、ツイテル感じ。


ほぼ日 の連載はおもしろいって感じるものがおおい。


いまハマっているのは、

知らない土地の雰囲気を味わう旅行記としても情景を描く文章がいいし、書いてる人たちのどことないユーモアや仲間感もいいなと思う。

「ネパールでぼくらは」

https://www.1101.com/nepal/index.html


そして、こちらのアート活動とその広がりがすごいなぁと感動してしまう。

画像でだけど作品をみて、子どものような感性(生命の輝きの純粋さ、のようなもの)を保ちつづけているんだろうなって思った。

「心がアートをうみだしている」

https://www.1101.com/yamanami/2019-07-11.html 



栗田淳一さん作

(上記の「心がアートをうみだしている」よりお借りしました。)



・教育の場(ネパールでぼくらは)、

・アート表現の場(心がアートをうみだしている)

どちらの連載も、

・人が安心してその人自身でいられる場づくり、

・ふさわしい場(物理的環境と理解しサポートする人たち)があるから、それぞれの可能性を育み表現できる、

というところがあると思う。


人とのつながりがさらに活動を育て、ひとつの場でうまれたものたちが、さらに広い世界に羽ばたいていく。

そんな空気感も好き。


その人らしさ:創造性の発揮、それを育み広げてくれる人とのつながり、っていうのは、やっぱりわたしがいちばん惹かれるキーワードだな。


わたしが心理占星術やタロットリーディング、フォーカシングという活動を通してしたいこともおなじ。


わたしのしている活動は、まずはそれぞれの人が、安心して本来の自分を表現するために、自分自身で環境をととのえる。


本音と向きあい、

あるがままの自分を知り、

それをいかせるスペースを内面につくり守る、

ことができるようになるためのサポート。


そんなことをあらためて確かめられた。


わたしはいまは家族のために動く時間がおおくて、忙しいせいか肌も腫れているので、なかなか思うようには出かけたり活動したりはできないのがもどかしくもあるのだけれど。。。


少しずつこの先がみえてはきているかな。








最近のこと

 

最近は、自分の(肌の)体調は波はありつつもずいぶん落ちついてきたのだけれど、

すこし前に家族の病が発覚し、ここしばらくは病院での説明などに付き添ったりしている。

 

自分のものもそうだけれど、身近な人が病と向きあう姿に付き添うことで、またちがう世界が見えてきている。

自分ではどうしようもないことをどう受け入れ、生き方をかえていくのか。

医師や看護士そのほかのサポートしてくださるたくさんの人たちへの尊敬や感謝とか。

 

7月〜8月は山場というか考えることもやることも多い。

夜やひとりの時間はあれこれ気がかりも浮かぶし気持ちが揺れることもあるけれど。

本人がいまの状態を受けいれ、できることをタンタンとして過ごしているのもあって、わたしもどちらかというと穏やかに過ごせているかな。

 

 

 

なんとなくいまのことを書いてみました。

 

 

 

ジオマンシー チェーンできました

昨日パーツを買ってきた、ジオマンシー チェーンできました。

http://chie909.jugem.jp/?eid=833


パーツを丸カンでつなぐだけなので簡単で楽しかった♪


モノづくりというとわたしの場合、これまで洋裁とか、編み物とか。

時間と手間がかかるのばかりしてた気がする。

楽しくもあるけどたいへん〜っていう気持ちも多かった。


こんなにあっけなくできていいのか、楽しいだけで終われていいんだ、ということにやたらと感動してしまった。


これはあらたなパターンだからしっかり身体で覚えておこう。


モノづくりは単純に楽しい!とすりこみ。

軽やかにね。


というのも、たいへん〜っていうのが重くなりすぎてると、なかなか気軽にとりかかれないから。


軽やかに楽しい〜からあらためてはじめよう、ってなっているこのごろ。

英語も途中になってるレポートもいろんなことすべてかな。

今回の皆既日食でもさらに軽くなった(^^)



ジオマンシー チェーンはブレスレットにもなる。


わたしは、アクセサリーでは、ネックレスや指輪はしめつけられる感じが苦手なのと皮膚が敏感なのでかゆくなりやすいからほとんどつけられない。


ピアスをつけるのはとても好き。

耳はそうでもないけど顔は腫れやすいから、今はつけないようにしてる。


ブレスレットは好きなんだけど、腕も皮膚がまだ痛んでいるのでつけられない。ざんねん。

つるつる肌になったら、つけてる写真を投稿したいのにね。




7月の星読みアップされました。

https://ameblo.jp/kunitachihappyspot/entry-12488571280.html 


ジオマンシー チェーン

友人にズボンの裾上げを頼まれていて、今日は海の近くにある彼女のお店にでかけたのだけれど、途中でふと思いついて、前から行きたかった町中のアクセサリーのパーツ屋さんにも立ち寄った。


すこし前から、わたしはジオマンシー という占いにはまっていて独学中で、それにつかうブレスレットをずっと作りたいなと思ってたから。


高橋桐矢さんのブログに作り方がのっています^ ^

https://ameblo.jp/kiriya-report/entry-12447830085.html 



買ってきたパーツ。

気にいるのがみつかってうれしい♪

できたらまたアップします(o^^o)



貝殻は友人からお店で購入。

レオズパオ(ライオンの手)という名前らしい。

オレンジ色で大きいのがそれっぽいね。


右上はパロサント(緑壇)。

エネルギーの浄化につかえるHoly Wood。


お店でおみくじを引かせてもらったらあたった♪


貝殻は、タロットカードなどを浄化するセージの葉を焚くために欲しかったの。


その上に、またまた聖なる木という浄化グッズを手にいれた。

これはもう明日の皆既日食に向けてのクリアリングだね。

いい感じ。



奇蹟のレコード

 

そういえば。

占星術のサビアン研究会で、4月の蠍座のテーマでわたしがとりあげたのは、松任谷正隆さん

 

松任谷さんには、これさえあればもうほかにはいらないと思うくらい大切な六枚のレコードがある、という。

何十年も、何度も何度も、すりきれるほど聴きつづけている。

 

それは、

 

マリーナ・ショウの

『 Who is This Bitch Anyway 』

 

スタイリスティックスの

『 THE STYLISTICS 』

 

ポール・サイモンの

『 Still Crazy After All These Years 』

 

スティービー・ワンダーの

『 Music of my mind 』

 

マイケル・ジャクソンの

『 Off The Wall 』

 

ボブ・ジェームスの『 BJ4 

 

 

この六枚のレコードでは、奇蹟がおこっている、と。

 

 

 

―――松任谷さんのいう奇蹟とは?

 

「それは、ちょっと言葉にするのは難しいですね。

まず、かたちには表れません。

音楽の、もっと奥行きに生まれるんじゃないかな。

音の奥の方からやってくる、人の心を震えさせる力です。

 

たとえば、あるギタリストがものすごくいいソロを弾いたとしましょう。

でも、ふつうは奇蹟ではない。彼の才能です。

だから、毎回ではないかもしれないけれど、同じくらい質の高い演奏を再現できる。

でも、奇蹟はある瞬間だけそのソロに宿るものであって、いつもできるものではありません。

 

ただし、これはいえるかもしれない。

奇蹟が起きたとき、その音楽を聴いた人には、きっと鮮やかな風景が見えます。」

 

(『僕の音楽キャリア全部話します』より)

 

 

こんなふうにいわれると、

うわ〜聴きたい‼ってなる(よね?)。


youtubeやダウンロードの音源で聴けたものもあるけれど、、、

(いまBGMに流れているのはマリーナ・ショウ♡)

 

やっぱりやっぱり本物のレコードで聴いてみたい!

とってもよい音で♪

というのが、元気になったらやりたいことのひとつ(^-^)

 

遊ぶ余裕ができたらレコード屋さんにいってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

三つ星シェフのアラン・パッサール


最近は、本を読むのも、占星術の研究のため、がキッカケになることが多い。


占星術のサビアン研究会のメンバーなので、たいていいつもレポートのテーマに選んだ “誰か” の人生の探求にはまりこんでいる。


いま次のテーマを探しているところ。


探しているうちに、なんだか気になってハマってしまったのが、三つ星シェフのアラン・パッサールという人。


彼に密着取材して描かれた漫画『三つ星シェフの味つけの魔法』は、絵の感じも好きで、みてるとなんだかワクワクするし、おもしろそう♪


このサイトですこし本の中身がのぞけます。→https://www.erisekiya.com/2016/07/3206 


子ども向けのレシピ絵本もだしているそう。


絵本っていうのもいいなぁ。。


アラン・パッサールさんは、かつては絶妙な火入れの達人で、『肉の魔術師』と呼ばれていたそうなんだけれど、今は野菜にこだわり、自家菜園をもち、野菜料理のスペシャリストと呼ばれる。


自家菜園は、昔ながらの農法で営まれ、すごく美味しい野菜がつくられている。


菜園にダイニングをつくり、採れたての野菜を食べられるようにするつもり、とか。


そういうのもいいな〜♪


と、気になりポイントがたくさんあった。


研究用にも、お料理のレシピ用にも使えるし、と本を購入してしまった(^O^)


届いたらまた感想を書きますね♪


(実はこのあと、6月のテーマは獅子座ではなく天秤座だった⁉と気づいてしまったというオチ 笑。アラン・パッサールは獅子座なのだ。来月のテーマでした。また別の人を探さなきゃ)




で、アラン・パッサールのホロスコープを調べてみた。


アランさんの太陽は、わたしの金星と重なり、

水星と冥王星が、わたしのアセンダントと重なり、

土星がICと重なり、

火星どうしが向き合う、

ドラゴンヘッドと木星が、わたしの太陽と月のミッドポイントに触れる、

ドラゴンヘッドが、わたしの海王星に重なる、

金星が、わたしの冥王星と90度、


という。

共感&刺激ポイントがすごーくたくさん。

なるほどね。


彼の活動は、わたしの生き方にすごーくヒントを与えるにちがいない。


センスのいい漫画や、絵本、という表現方法は、わたしもなんとなく自分でもできたら良いな〜って思うもんな。


漫画や絵本そのものにしなくても、難しいものを、分かりやすくおもしろく伝えられることに憧れがあるの。


あと、昔ながらの農法の菜園なんかにも憧れが。そういうものが生活のなかにあったらいいな。


そもそも料理が大好きでとことんはまってスペシャリストになっている。

そんな風に、すごい技術をわがものにして自由自在に創造性を楽しんでいる、のがわたしの目指すスタイルなんだな。


などなど、あれこれ刺激されている。



強烈に気になる人って、やっぱりなんらかの縁があるんだよね。

ホロスコープで読み解くと、それがより深く理解できるからおもしろい。

そして、あぁやっぱり。。と自分の感覚や直感をさらに信頼できるようになる。


ドラゴンヘッドの重なりなどは、魂の縁をあらわすといわれる。


わたし、前世のつながりや生まれ変わり、というものを信じる方。


生まれ変わりは、丸ごとその人が生まれ変わるというより、その人の魂の一部を共有するような感じではないかな〜と想像してる。


響きあう魂はおなじ何かをきっと求めている、と思うな。


アラン・パッサールさんがわたしの魂の縁かどうかはわからないけれど。

その生き方にすごくインスパイアされたのは確か。

出会いっておもしろいな〜。

たとえ実際に会ったわけではなくてもね。



*****


体調は、すこしずつだけど、ずいぶん改善してきました。


最近は、お肉もほとんど食べません(鶏肉はすこし食べる)

わたしのような体質の人は、炎症をおこしやすいそうだから。

それも効いているのかも。


お肉料理は好きだったからかなしくもあるけど、肌の健やかさを取り戻すのにはかえられない。


引きこもりでリラックスできていたら、ラクに過ごせる時間もまた長くなってきた。


ムリはできないけど、かゆみや痛みをほとんど感じない時間が長くなると生き返ったようなものすごく有難い気持ちになる。


症状がひどい時には、耐えるのに相当のエネルギーを使うので、生き抜くのに必死みたいな気分になって余裕がなくなるのです。


あー、もうすこし身体がラクになったら、すこしずつやりたいことできるだろうなと楽しみ。


アランさんのレシピも試してみよう。



もうすぐ夏至なのがちょっと気になっている。

季節の変わり目のデトックスで、肌の症状がいったん悪化することがおおいから。


みなさまも身体や心のケアにゆったり時間を使ってくださいね。


6月の星読み書きました。

https://ameblo.jp/kunitachihappyspot/entry-12465374420.html



東京行きとハリーポッター


この前の週末は、心理占星術のワークショップをうけに東京に行っていました。


ゴールデンウィークの頃から、また症状がわるくなっていて、顔も腫れていたし大丈夫かな、、と気になっていたけれど、なんとか出発できるくらいに大丈夫だった。


そして、回復期だったのもあり、滞在しているあいだに、だんだん症状がラクになっていった。


このワークショップは、気持ちが落ちいたりパワーチャージしたり、の効果もある気がするな、わたしにとって。


あと、東京の空気感、大好き。

人混みや満員電車はとっても苦手なんだけど。。。


なんだろうな〜、文化的刺激が心地よいのか、なんでもありの自由さが気楽なのか、いちど住んでみたら好きな場所になった。


ムリしていっぱいいっぱいになるのは避けたかったので、ほかの予定はいれずに、ワークショップだけですぐに帰るスケジュールだったけれど、

着いた日や東京を発つ前のわずかな時間に、占星術仲間や、フォーカシング仲間やそのつながりで知り合ったお友だちとも会えてすごくうれしかった。


志のおなじ仲間と過ごすのは、よいチューニングにもなった。


滞在中は、食べ物もシンプルに、野菜や果物中心になるのもよかったみたい。


まだ肌そのものは慢性的な痛みかゆみはあり改善途中だけど、ひどい発作みたいな炎症はおさまってきたから、このままキープしつつ、よくしていきたい。



今回は、この四日間だけ集中して乗りきる、という、火事場の馬鹿力というか、賭けのようなお出かけだった。


もっともっと身体がラクになったら、占星術師活動を再開して、東京と宮崎を行き来するんだ。


通常モードに戻ったいまは、まだゆったりと療養メインです。



もっか欲しいものは、防水テレビ。

療養のために入浴時間(半身浴です)が長いから、映画でも観られたらいいな〜と


ふだんは単館系のマニアックな映画が好みなんだけど、いまとても観たいのは、なんと今さらのハリーポッターシリーズ^ ^


本は当時から面白くてファンだったけど、実は映画はまだ観たことない。


お風呂で過ごす時間がヒマなので、本を読んだりホロスコープ読んだりしてるのだけど、あらためてハリーポッターシリーズを読み返したら、すっごく面白かったから、映画も観たくなった。

何よりあのファンタジーの世界を映像でみてみたい、かな。




久しぶりの電話で

先日、東京のお友だちとすごく久しぶりに電話で話した。


彼女もアーティスト。

ステンドグラスなど、ガラスの表現者。


人生の先輩としてさすがだなーと思う面もありつつ、若々しくロックで気さくで素敵な人。


個展にいったとき、光と闇と、揺らめく影がうつくしく、しんと静かな気持ちになった。



自分の感じる世界を表現できるっていいね(^^)


その世界にはいるときには、目にはみえない響きのようなものもふくめて、そこにあるものたちをしっかりあじわえたらなぁと思うけれど。。


どのくらい感じとれているのだろうね。



わたしの身体が落ちついたら、宮崎に遊びにきてくれる予定。


そのときなんとなくわたしが言ったのは、あちこち出かけられるほど落ちつくのは、半年後くらいかなーと思う、と。

確かではないけれど、そんな気はする。


3ヶ月めどくらいで、あーこれまでよりはラクになったなあと感じるから。

あと6ヶ月ほどしたら大丈夫かもしれんと思ったの。


3ヶ月後でも今よりは動けるんじゃないかな、、とは思う。

刺激的なことはまだできないとしても。


(もちろん、もっとはやくよくなったらとてもうれしい。もどかしくて悲しくなることもよくあるけれど。焦ってもしようがなくて。)



宮崎の海や、自然、こだわりの素敵なお店をご紹介してみたい。



そういえば、もうゴールデンウィークだった。


楽しまれてる方もいらっしゃるでしょうし、


忙しくてなかなかゆっくり休めない方もいらっしゃるでしょうね。


少しでも心地よくお過ごしください。