電子マネーを使いはじめて感じてること


PayPayを使いはじめたばかり。


きっかけは、毎月、定期的にネットで購入しているものに、

電子マネーが使えることに気づき、


カード決済に何か気がかりがあるわけでもないけれど、


電子マネー決済は、

その場で支払いが済んでしまうのが気持ち良いな♪

と思ったので使いはじめた。


あと、今は5%還元なので、

それが素直にうれしいから(^^)



お金があると、望んだことがすんなり気持ちよくできて、

とても楽しい。



“お金”自体は、本当はエネルギーだと思う。


人が、その人の時間、体力、気力、

アイデア、技術、

美意識、心遣い、

これまで生きてきた経験から得た知恵、愛情、

その方の存在からあふれるエネルギーそのもの、

などなど、

(つまり生命活動そのもの)


をこめてつくり出した物やサービス、あるいは存在、があり、


わたしはさまざまな物やエネルギーを受けとって、

安心や体験や感謝や愛情や悦びを味わう。



そして、その感謝や愛情や悦びのエネルギーを相手に渡したり、

この世の中にアウトプットしたりする。


お金はそのエネルギーを乗せて運ぶ道具。


電子マネーは、物としてのお金:道具を介さないから、

よりエネルギーとしてのお金の使い方が

あらわに見えてくるなと思った。



お金を使うことで味わえる感謝や悦びという

(目には見えない場合も多い)

手に入ったエネルギーにフォーカスするか、


表記される値段(数値)だけにフォーカスしてしまい、

減ったとマイナスを感じ心を萎縮させるのか。




お金の意識については、

長い間すりこまれてきた思い込みがあるから、


苦しまないと手に入らないと思い込み、

減る方ばかり意識して怖がる、


(↑この姿勢へのセラピーとしては、


あるがままの自分を受けとめ寄り添い、

自分の内側にそのままでいられる居場所をつくる。


あるがままの自分で安心して生きること、

心の底からの悦びを味わって生きること、

を自分に許可する。


誰もがそうあるために世の中の豊かさは循環し、

その流れは誰のもとにも訪れている、

(だから本来の自分の望みにしたがう、とは、

この世と調和して生きる、ということでもある。)


ただそれを素直に受けとる。

そして受けとった悦びを素直にあらわす、かな。)



わたしは今の時点では、

怖れに基づく姿勢から、

まだすっかり解放されきってはいないけれど、


苦しみと怖れに支配されて、

生きる悦びを味わうために使えない、

というところからは少しずつ抜けだして、

今はずいぶん脱出してる^ ^




個人がお金:豊かさの意識を変換することが、

この時代の変換期の、

ひとつの大きな舵とり

(どんな未来を望み創りだすのか)になる。


過渡期は混乱することが多い。

今までの形、パターン、安定感(という幻想)を失う

怖れだけにフォーカスせず、


生きるために自然に呼吸をするようなリズムで、

豊かさを循環させる体質づくり、

がこれからの未来への基盤になるんじゃないかな。


これは、再生可能な生き方へつながると思う。



コメント