サナギなわたし、そのあと

 

昨日、ああ、わたしはいまサナギの状態なのかもしれない、

と気づいた。

『春になったら苺を摘みに』

 

 

だから、もうあれこれ考えるよりも、

リラックスして流れにそっていこう、と

あらためて思った。

 

 

そして今朝は、

ずっと前から気になっていたところの片づけにとりかかった。

要らないものを処分したあとは、

すっきりと爽やかな気分。

(ハッカの精油をつかった♪)

 

 

昨日のフォーカシングから、

わたしの奥底では、

ああそういう感覚があるんだなと気づいた部分

(フェルトセンス:"感じられた感覚"という意味)が、

まだ動きつづけている。

 

(フェルトセンスは、いったんしっかりと意識を向けられて、

存在を認められ、描写され、変化をしはじめたあとは、

ひとしきりのプロセスを経て、

なんらかのシフトをするまで、動きつづけることが多い。)

 

 

そして、さっきまた、「ああ、そうだったか」

と気づいたことがある。

 

 

「ブログを書く=何か考えや方法を伝える」

と思っていたから、

もう今の時点では書くことがない、と

わたしは感じていたんだろうな、ということ。

 

どういうことかというと、

いまのわたしは、「自分の考えや学んだ方法を伝える」

というより、

 

まわりの人たちに対して、

「今あなたが感じている本当のところを聴かせてください」

という気持ちが強いんだな、とわかったから。

 

 

 

「今感じている本当のところ」、とは、

考えてすぐに言葉で説明できる部分よりも、

さらに深いところで感じていること。

 

(昨日からつづくフォーカシングで、

わたしも自分について考えてもわからなかった部分に、

これまで気づかなかった感覚が潜んでいたように。)

 

 

あたらしい生き方へかわることをうながされているこの過渡期に、

頭だけではなく、

頭も心もふくめた身体全体の奥底では、

みんな、それぞれの中で、何が生まれはじめているのだろう。

それを静かに見守り、問いかけ、対話してみたい。

今のわたしはそこにとても興味があるみたい。

 

 

そういう欲求に気づいたら、

今フォーカシングやNVC(共感コミュニケーション)の

オンラインでのつながりが広がっているのがうなづける。

 

 

この記事を途中まで書いてから、

さっき、NVC共感サークルマラソンに参加した。

 

そして、ちょうど気づいたことを聴いてもらえて、

ふっと心が軽くなって、

さらにモヤが晴れはじめたかな。

よい場だったよ(^-^)♡

 

 

 

 

コメント