やぎ座とみずがめ座の適材適所


おなじく土星を支配星にもつ、

やぎ座とみずがめ座だけれど。


(正確にいうと、

みずがめ座の場合は、

支配星は天王星で、

土星は副支配星、となる。)



このふたつのサインは、

社会のために、

という意識がつよい。


土星がもつ “ムダのなさ”

という質を、

適材適所というキーワードで考えてみたら、


やぎ座は、

すでにできあがっている

組織や仕組みをうまく維持し、

管理できるように、

人材を適材適所で配置する。



みずがめ座は、

あたらしい構想を実現するために、

今の自分には足りない要素を、

補ってくれる仲間をみつけ、

協力しあって、

あたらしい仕組みづくりや発明にとりくむ、


というイメージかな、と思う。



だから、やぎ座では、

すでに出来あがっている、

組織や社会の価値観に合わせて、

うまく能力を発揮できる人が活躍しやすく、


みずがめ座では、

その人のもつ素質や個性をのびのびと発揮している方が、

お互いに見つけやすいし、

何らかの形で突きぬけている方が、

未知のものを生みだす能力が高い、

となるね。



今、空の土星はみずがめ座に入ったばかり。

6月までそこにいて、

7月〜12月はやぎ座にもどる。

そのあとはおよそ3年間、みずがめ座にいる。




今、これまで通りに暮らすことができない時期だからこそ、

(そして、これからは社会の仕組みも変わらざるをえないタイミングだから)


これからの生き方を考える時間も多い。


空の土星をガイドに、

今の自分に本当に必要なものを見極めてシンプルになり、


今の自分の力と、

他の人の力とをつなぎあわせつつ、

できることを増やしていくことを、

考える。



もし不安がでてきたら、

考えるのはやめて、

「ああ、今わたしはこんなふうに、

怖がっているんだな」

とそのままに見つめ、

ひたすら寄りそう♡



気持ちがモヤモヤとする時には、

わたしは、いくつか気を晴らす方法があって、


散歩する

植物にふれる

炭酸水を飲む

ジャンクなお菓子を食べる

大声で歌を歌う

好きな曲に合わせて踊る


などなど^ ^



コメント