大切な言葉


使う言葉は心や、身体、

そして魂にまで影響する。



わたしはかつては、

自分を責めたり辛くしたりするような言葉を、

無意識に使っていたけれど、


今は、

自分という大切な存在にむかって、

使う言葉を丁寧に選んでいる。



わたしが今自分にむかってよく言うのは、


かわいい♪

天才!

素敵♡


変えられないことはしょうがない、

じゃあ、まあいっか^ ^

つぎ行こう♪

(結果的にそれでよかった!ってこと多いしね)


(自分を辛くする考えが浮かんだら。

ネガティブな言葉がぜんぜん浮かばないってことはない。)

本当にそうだろうか?

そうじゃない(自分が励まされて、パワーが湧いてくるような)

視点から考えてみたら?


などなど。



何にもしないための言い訳に、

口あたりのよい言葉を使うのとはちがう。



イキイキと過ごすため、


まわりの目や失敗(と感じること)を怖れて動けなくなるのではなく、


やってみたいことに楽しんで挑戦するパワーを抑え込まないために、

そんな励まされる言葉を自分にかける。



まだ慣れない頃には、

そんな、、恥ずかしげもなく〜

なんて、

まだまだ甘っちょろかったけれど、



例えば、「かわいい」、や「綺麗」、とか、

まず姿形だけにかける言葉ではないよね。


自分も含めて、

その存在の愛おしさへ、

生命の尊さ、煌めきにむかって

愛をそそぐように使っている。


内側から、愛おしさ、煌めきがあふれる人は、

まわりに与える印象も、

かわいいし、綺麗だし、

愛にあふれている。



わたしは、まだ肌が腫れる時も多くて、

顔も腕も足も赤く腫れたり、

コンディションが最悪の時もあるけれど、


それでも、

身体が頑張ってくれていることを理解して、

ありがとうといい、


そして、この自分をまずそのままに受けとめ、

さらにラクに、綺麗になるねとおまじないをかける。


もちろん、辛い痛い、

人に見られたくない(T-T)

という感覚にも寄りそった上で。


(寄り添いつつ、落ち込むときにはちゃんと落ち込むし)




そして、そんなふうに自分の中が満たされると、

周りの人たち対しても自然に、


かわいいなぁ、

〇〇ちゃんって天才♪

綺麗、素敵だね〜^ ^

って気持ちが自然にあふれて

言葉にも出てくるよ。


なんてことを、

先日のファニーの会で語りました。

https://ameblo.jp/doragonkimika/entry-12582900761.html

「ファニーちゃんたち、

みんなかわいい〜って♡」

なんども言ってしまうわたしでした。


わたし自身もそうだし、

これからさらに自分を磨こうとしているファニーたち。

原石もかわいいけれど、

さらに煌めいていくのだろうな。

楽しみ。




コメント