『レイチェルのパリの小さなキッチン』


最近よく観てしまう番組(Netflix)は、

イギリスのBBC制作のTV番組

『レイチェルのパリの小さなキッチン』



2012年に放送開始されたこのシリーズは、

料理家のレイチェル・クーの軽快で親しみやすいトークと、

作りやすいフランス家庭料理の創作レシピ、


パリやフランスの地方の市場、街並み、

レイチェルが実際に住むパリのアパルトマンの可愛さ、

狭いけれどレトロで風情がある。


などで世界中で人気になった。



自分のキッチンで、

友だちと会話をしているかのようなスタイルは、

今はYoutubeやインスタライブでお馴染みだけれども、

当時は画期的だったと思う。




レイチェルさんは、

今は旦那さんの出身地であるスウェーデンに住み、

スウェーデン料理や

その自然にインスパイアされて、

新たなレシピを作り出しているそう。



日本でもEテレで放送されてる。


『レイチェルのスウェーデンのキッチン』

https://www4.nhk.or.jp/P3894/


スウェーデン版の他に、

旅する版もあるよ。





映画やテレビなんかで、

すごく気になるものって、

今の自分にとって

大きなヒントを秘めている。


自分の無意識が、

気づいて欲しいことを伝えるために、

「気にならせる」 

「なぜか観てしまう」

というようなカタチで、

よく使う媒体。



(無意識からのメッセージは、

他にも、


気になる本、

他の人の言葉、

などなど、何でもありえるけれどね


あちこちから

メッセージは見つけられる^ ^)



そういう目で見てみると、

確かに、

この番組のレイチェルさん

すごく好きだし、憧れるな。


わたしの水瓶座の月と、

獅子座の金星の、

ハイブリッドな統合の、

ひとつの現れなんだって感じる。

『着ぐるみを着て』

http://chie909.jugem.jp/?eid=918




今のわたしに、

特にヒットするレイチェル・エッセンスを言葉にしてみると。。



専門的な技を使いこなす

ポップでユニーク、お洒落

素材を活かしたクリエイティブ

アレンジ自由

彼女ならではの存在感・オリジナリティ

親しみやすい


たくさんの人に、生活を楽しむアイデアや技を伝える


友人や仲間と横つながりで活動を広げる、TV制作、

などチーム活動は得意そうだけれども基本的に個人活動


などかな。


ということで、

今わたしは、

レイチェル・クーのエッセンスをダウンロード中♡




コメント