秋のバラ 〜つづき


昨日は、庭で咲いた秋のバラを鑑賞しつつ、思いつくままに、こんなことを書いた。

http://chie909.jugem.jp/?eid=853



朝目覚めたら、頭に浮かんでいた “ 答え ” があって。 


ああ、そうか!となった。


おとといくらいにフェイスブックなどに自分で書いた文 ↓


*****

 

乙女座のシーズンは、“ お気に入りのモノの魔法 ” が効きやすくなる。

どういう意味かというと、

乙女座意識がつよまる 
→細かいことを区別しやすい かつ デザインなど目に見える形にとくに敏感になる

→自分の内がわにある欲求にピタリとはまるモノを見つけやすい 

→お気に入りのモノを手に入れる 

→それにふさわしい人格がよりクッキリと形成される

→望みを実現させる言動をとるようになる

といった感じかな。


乙女座のシーズン生まれの方でなくても、乙女座意識はあります。


空の太陽が、西洋占星術でいう乙女座の領域を通過する時期には、ていどのちがいはあるけれど、どの人も乙女座意識がひらきやすいんです。

(ほかのサインの時期もおなじ。
12サインすべての意識をみんなもっています。ふだんの姿に明らかに現れやすいか、影になっているか、のちがいはある。)


何かいま、素敵♪と気になるモノがあるでしょうか。。(o^^o)

*****


これな!と(^_-)


バラ、スミレ、ひまわり、わたしが気になるな〜とあげた花はぜんぶ、わたしが憧れる姿のエッセンスをもっているんだね。


バラのように、うっとりと芳しく、存在感があって、

スミレのように、アスファルトの道路の端といった殺風景なところにでも、さりげなく、でも凛とした彩りをそえ、

ひまわりのように明るく生命力にあふれ、、、



いま書いていても、身体の感覚から、ああ、そうだなぁって思う。



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL