「できない」と「しない」



「私は○○できない。」という言い方を、「私は○○しない。」と言いかえるとよいと聞いたことがある。

「できない」と言い切ってしまうのは自分の可能性を否定することになって、工夫やその先の展開を考えなくなる。

「しない」というのは、自分の意志で必要ないと判断しているから。

また、今はしないけれども、時間のよゆうができたり、スキルアップしたりして状況が変われば、「する」可能性もある。


やりたいけど自信がなく、今は難しく感じることだったら、「できない」と言うよりも、「今はしない」といったん整理しておくと焦らないかもね。
(整理の仕方はこちら→『クリアリング・ア・スペース』)

もっとストレスのかからない小さな一歩からはじめて、その積み重ねで、いずれできる自分になるだろう、とゆったり受け止めておく、という感じがいいのかなぁ、と思う。



1年前の私だったら自信がなくてできなかったけど、今は難しく感じずにできていること、そ〜いえばあるし(^^)



*****

☆HP:惑星ノート『私は、この世を動かし実りをもたらす〜山羊座会〜 その2』更新しました☆

コメント

あたしができないって思っていること。おいしい料理を作ること、ヒールをはくこと、ショートカット、一人旅…一年後は普通にできてるのかなぁ。とりあえず、してないってことにして、自分で可能性を否定しちゃだめなんですね。これから意識しよ〜!

  • ai
  • 2013/07/03 22:04

ai ちゃん

怖〜いコト教えてあげるぅ。。。暑い夜に読んでね〜www

できないって思っているのは、ある時点での過去の記憶。
それですりこまれた感覚を「できない」ってまた言葉で言うたびに、その記憶が再現されてまた現実化していく、ってシステムよ〜、ホラーでしょ〜笑

あのときはできなかったけど、あるいは自信がなくてできないと思いこんだけど、今の自分はいつもあたらしい自分だから、できる、のだ。
そして別にできなくてもいいのだ。成功した人は成功するまでくり返しているから失敗といわない、ってのが種明かしじゃないのかな。

おいしい料理、できるまでやってみよう。
私も実家にいたときには自分であんまり作らなかったからできないと思ってたけど、今は料理が楽しい。ネットとかでレシピたくさんあるよ。

ショートカット!これはどうだろう。私は試したことないからな〜。
上手な美容師さんにしてもらう、とか。

ヒールは、慣れ?ヒールが好きじゃないなら、自分がはかないって決めてる、でいいかもね。

一人旅、私もしたい。

  • chie
  • 2013/07/04 07:35
トラックバック
この記事のトラックバックURL