心の池に飛びこむカエル


せんじつ、なんとなくつけていたラジオで、松尾芭蕉の生涯を、物語ふうに聴いた。


芭蕉は、ただの言葉遊びだった俳句を、芸術に高めた人だという。



藩の誰もが認めるほど、文芸の才にたけた芭蕉は、俳句の魅力にとりつかれ、


そのころ、ただの言葉遊びとして、おもしろおかしく場を盛り上げるためにつかわれているのをみて、そうじゃないんだ!とつよい違和感をかんじていた。


「ちがう。俳句はそれだけのものじゃない。もっと深く感性に触れる何かを、表現できるはずだ」、と。



芭蕉がその信念を表現し、認められるきっかけになったのは、この句だ。



  古池や蛙とびこむ水の音




この句がなぜすごいのか。


芭蕉は、蛙が水に飛びこむ音を耳にして、「蛙とびこむ水の音」と下の句を先につくる。


そうして、目を閉じて考え、「古池や」と上の句をつけた。



芭蕉は、水の音を聞いただけで、蛙が飛びこむところを、実際に目でみたわけではない。


目を閉じたとき、芭蕉が見たのは、自分自身の心の風景だった。



こうして、俳句は、目に見えない感性を映しだす芸術として、表現されるようになる。



*********



わたしは、昔から俳句が好き。


言葉じたいが好きなので、五 七 五 という短さで、ある風景が浮かんでくるのが素敵だし、研ぎ澄まされた言葉への感性があるように感じて、かっこいいと思っていた。


だから、このストーリーも興味深く聴いてた。



そして、はじめて俳句の魅力が、バチっと分かった気がした。これまでの、なんか良いよね、くらいの受けとめかたとは、雲泥の差だと思う。



芭蕉の心象風景が描かれていると知り、あらためてその句を思い浮かべたとき、わたしの心の奥でも、パシャんと水の音がした。


小さなカエルが、わたしがすっかり忘れていた、思い出の池のなかに、つつーーっと潜っていく。

心のなかでさざ波が、かすかに揺れる。



そして、わたしはその夜、すこし切ない夢をみた。

起きたあともしばらく、ぼんやりともやのような悲しみが残っているような。


それをただ感じて、ゆっくりと起きだし、いつものように過ごしているうちに、そのもやは晴れ、清々しい気分になった。


カエルは岩の上で、あたたかい陽射しを浴びている。






コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL