My life as a dog



今月末に、住んでいるシェアハウスでエアーシネマの計画があって、

とても楽しみにしてる。



ラウンジの外のウッドデッキに布を張り、

プロジェクターで上映するのだとか♪



自然のなかで観たい映画ってなんだろう。

と話をしていて、

わたしが思ったのは、



『 My life as a dog 』





お母さんは病気でお父さんはいない。

少年イングマルは、田舎に預けられるため、

大好きな愛犬のシッカンともお別れ。。



切ない境遇のなかでも、

預けられた田舎の人々との生活は、

愛情にあふれ、ユーモラスで、

緑がいっぱいの自然もきれい。



けれども、さらなる悲しみが彼を襲う。

やりきれない気持ちでひとり涙を流す夜。



それでもまた朝は来て、

なんだかんだと出来事が起こり、

まわりの人との触れあいのなかで立ち直っていく。

そんなヒューマンドラマ。






見守る叔父さんをはじめとする人々が、

また温かく、味があっていい感じなの。

わたしの好きな映画トップ1くらいの作品。



あ〜、また観たくなったな。

エアーシネマで採用されなくても

近々観よっ〜と(^_^)









惑星ノート



惑星ノートCalender





コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL