夢のおはなし会 その2


先日の、ももちゃんの夢のおはなし会。

私はすこし前にみた夢を読み解いた。

*****

たそがれのような雰囲気。
私は自転車を押しながら、誰かと歩いてる。
ずっと舗装された固い細い道をあるいてきた。
でもその道はその先は途切れている。

よくみると道の先に砂地へおりる階段があった。
砂地のさきには川が流れている。

私は自転車を押してきていたので、その自転車をどうしたらいいのかな、と思っている。

進めなくてしばらくそこに佇んでいたけど、ふとこの自転車は折りたためるんだ!ってことに気づく。

*****

道が途切れているのは、これから生活の仕方がかわる、ということみたい。

舗装された道は、固いイメージ。

その先の砂地は柔らかくて、草が生えているところもあって、川のせせらぎが聞こえる。

舗装された道はまっすぐにガシガシ歩けるけど、ここではゆっくりと砂の感触を楽しみながら進む。

これまでちょっとムリしていたところもあるのかな、と思う。

これからはもっと柔らかく気持ちに寄りそって、生活を楽しみながら進んでいきたい。



自転車はやり方やバランス感覚に通じるイメージ。

例えば、
仕事とプライベート。
人間関係。

このあたりを折りたためるようにしているところが私の性質でもあるらしい 笑

その状況に合わせて、柔軟にやり方をかえられる身軽さが好きみたい。

たしかに相手や自分の生活のペースに合わせて、仕事やサポートの形を調節していけたらいいなと思ってる。



あさっての31日はおひつじ座で新月。

合わせる方が得意で、ときに怖がりで迷いがちなおとめ座の私にとって、おひつじ座のサッパリとした決断力や行動力は憧れるところ。

新月は新しいスタート。
おひつじ座は星読みでは、1年のはじまり。
決断、独立心、実行力、率直さ、チャレンジ、直観力、ひらめき、先頭にたつ、切り拓く、などがキーワード。


夢のメッセージを活かして、今ほんとうに望んでいる新しい生活に切り替えるのにいいときかな。。。



*****

HP:惑星ノート

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL