猫のきもち



実家の猫は、私が「明日は6時に起きないと」と言っていたら、朝6時に起こしにきてくれた。

いつもよりも帰りが遅いときには、玄関で待っていて、ガミガミいうかのようにニャアニャア鳴いた。

そんな感じで、私が考えているよりも、いろいろとよく分かっているんだな〜っと、驚いたこともある。


ガーデニング好きな母親が、庭を歩くときには必ず一緒についてまわり、いっぱしに花の匂いをかいでみたり、片手で土を掘り返したりしてる姿は可笑しかったな〜、ちっちゃい庭師みたいで。
今もしてるのかしら。。。


先日のタロットワンディセミナーに、動物のきもちを読みとるセラピストさん(HP:アロマとヒーリングのAngelite)が参加してくださって、動物が感じていることについて伺い、あらためて興味深かった。

それで、実家の猫のことを思い出した。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL