ハートチャクラ

 

昨日は、横浜の石川町のハプナさんで、星科プログラム・基礎編 の補講のあと、マリエちゃんご夫妻とちかくのうなぎ屋さんへ。

最近、ず〜っとうなぎが食べたかったので、すっごくおいしかった♪

(お店の名前を忘れてしまったので、今日見てこよっ。今日はタロット講座)

(お店は、横浜八十八(HP)だった。)
 


昨日は補講のあと、マリエさんのヒプノセラピー講習のデモのモデルをさせてもらった。

講習生のみなさまとお会いするのも三回目、いつも優しくみていてくださってありがとうございます(^^)


自分のハートチャクラを探検にいった。

終わったあと心臓のあたりに何か感じて、とても眠たくなった。

深いところに触れているんだなぁ〜って思う。


心臓って、占星術では、太陽が担当している。

私の太陽は、強い天体から押さえつけられている配置。
(こういうプレッシャーは「成長のための試練」を意味すると読む。うまく使えるようになれば、大きく成長できるポイント。はじめはぎくしゃくしたりしがち。)


去年くらいから、その”押さえつけ”が解けだしているみたい。

星まわりもそう読めたし、実際に、ハート:心臓が、本来の柔らかさを取りもどすためのリハビリしているみたいだった。
なにか出来事があり、心が強く動いたあと、こわばりがとれるときの痛みのような感じがしていた。

それで、昨日はその感覚があって、またすこしらくになっていく気がする。

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL