なんとなくの

 

昨日の夜は、宮崎の友だちと久しぶりに会った。

10年くらい前に、同じカフェで働いていた。

そのカフェでアルバイトをしようと決めたとき、私は体調を悪くして仕事をやめたところだった。

体もきついし、しばらくゆっくりしようと頭では考えていたのに、別の友だちに誘われて行ったカフェがとても素敵で、ちょうどアルバイトを募集していたので、なんとなく応募してしまったのだった。

今考えても、あのときの自分の行動は理解しにくい。
そこで働きだしたあとでも、体調悪くて迷惑もかけたし、自分でも何考えていたんだろう・・・と思ったこともある。

彼女はたぶん、私が入ったすこし後に入ってきたかな。

それ以来、ずっと仲がいい。ものすごく素直に気持ちを話せるし、言葉にしにくい部分も分かってくれる気がする。話すと頭のなかがすっきりと整理できて、元気になる。

自分に正直な感覚がよく似ていて、不安を抱えながらも、自分らしくいられる生き方をみつける同志みたいに思う。ほんとに知り合えてよかった。

こうやって今ふり返ると、そのカフェで働くことを決めた、あのなんとなくの行動が、とても大切なものに思えるな〜。

直感、というのかな。もしかしたらそこには目に見えない何かの采配が働いているのかもしれないしね。

なんとなくって、おもしろい。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL