目覚めて生きる


ファニーアップル活動は、

https://ameblo.jp/doragonkimika/entry-12604747214.html 

『じゃあ自分に何ができる』)




●すんなりとあるがままの自分である、


●外に正解を探すのではなく、

自分で正解をつくりだす、


ことができる、

を目指している。



この2つの考え方をそれぞれ、

ただ知るだけでなく、


しっかりと実感をともなって腑に落とせると

(だからワークが大事なんだよね^ ^)、

自分の内側とつながって、

軽やかに生きていく助けになる。




と同時に、

この2つは、同じことを表してもいる、と思う。




なぜなら、

本来の自分の欲求をちゃんと感じとって素直にそれに沿って行動すれば、

自らの正解をつくりだすことになるから。



自分にとっての真実をみつけるためには、

自分が本当に求めているのは何なのか、を知る必要がある。


それは、表にあらわれる感情の、

下の、

そのまた下の、

もっと深いところに隠れていることも多い。



感情をとおして、その欲求(ニーズ)を見つけるワークは、

奥底に隠れてしまった本当の望みを掘り出すのに役に立つ。


だから、これを一回のワークで終わらせずに、

習慣にしてしまうと、自分と繋がるのはよりたやすくなる。


そのためのワークが、『自分とつながる 月編』で、まずはしっかりこれをやる。


そのあと、次回は太陽編。


現実化のしくみと、“目覚めて”生きる方法。

本来の自分に目覚めてから、

主役の人生(ヒーロー/ヒロイン's ジャーニー)がはじまる。


これもまた楽しみに、いま具体的に構成やワークを考えているところ^ ^




地上は、現実化の場所。

時間と物質に支配されているから、

望みをかなえるには、

時間も労力も必要なことがある。

遠まわりのもどかしさや、しんどさを感じることもある。


けれど、むしろ、

それを体験として楽しむ面もあるのだと思う。



いま上手くいかないと感じている状況があるとしたら、

それをそのままに認め、

では、望みをかなえるために、

今、現実的にできることは何だろうか、と問いかけられる力。


正解を探すのではなく。

(決まった正解なんて本当はないんだし)


本来の望みをつかみとり、

問いかけることができれば、

必要な答えが導きだせる。



だから、正解をつくりだす力とは、


本来の欲求をつかみ、

ではどうしたらそれを叶えられるか、

と自分に問いかけられる力、

といえるかも。


そして、そうしながら、

実現のために行動をしていくことそのものが、

一回でうまくいかなくても、

よりよい方法を工夫して進んでいくことが、


(本来の望みに沿って動いていると、

シンクロやサポートが起こりやすい。

起こった出来事から、

シンクロや軌道修正のサインを推測するのもおもしろい。)



太陽の子(創造者)として地上に生まれたわたしたちが味わいたかったことなのではないだろうか。



この頃は、そんなことをあれこれ考えてる。



参考になることが多くてよく読んでいるブログ、↓

今日の記事もいま考えていることに、しっくりきた!

(記事にしてくださって、

ありがとうございます。)



不幸を寄せつけない生き方

https://ameblo.jp/reimiyukikawa/entry-12604983519.html 


心の感覚を取る練習が何につながっていくか

https://ameblo.jp/hikiyose-senzaiishiki/entry-12605081327.html 



おとぼけ君と、キレッキレの姉さんコンビ。

姉ちゃん目が険しいけど、、、笑


可愛い❤



コメント